2010年07月04日

Tarmacでヒルクラ大作戦2010夏〜秋 その5

今日の最低気温は午前4時頃の22.09℃、最高気温は午後1時の30.4℃、天候は曇り。

今日は6時41分から9時20分まで、車にロードバイクを積んで秋のヒルクライム・レースのコースとヒルクライム・レースの試走を行いました。
本番と同じく試走の前のウォーミングアップもしました。

現地の気温は20℃〜22℃で寒からず暑からずでトレーニングにをするには快適。しかし、長くいると涼しさに慣れてきて暑く感じます。

ウェアは、ノースリーブインナー+半袖ジャージ+夏用薄手のアームカバー、コンプレッションタイツ(インナーとして)+ビブタイツ、バンダナキャップ、フルフィンガーUVグローブといういでたち。

ウィンドベストはヒルクライムの下山のみ使用しました。


今日のテーマは、レース時と同じタイヤを履いてトレーニング。
パンクも想定されるのでウォーミングアップとヒルクライム試走だけにしました。(まだレース用の体ができていない...)

タイヤはシュワルベのアルトレモR.1ですが、平坦よりも上りが軽く一つギアを軽くしたような感じでした。軽量タイヤの中ではパンクしにくいタイヤでもありますが、幸いパンクには至りませんでした。
実は毎年、本番でこのコースではパンクしていました。
(気圧は7.5)


ギアは今回も12-25スプロケット(クランクはノーマル 52×39)です。全て勾配がキツイということではありませんが、ところどころケイデンスが45くらいになるところがあります。ここはダンシングで対処でも可能ですが、シッティングで通すなら12-27スプロケットが必要な気がしました。しかし、2ヶ月トレーニングすれば12-25で何とか乗り切れそうな気もしないでもないです。去年は12-25でしたし。

今日は、お尻をサドルの後ろに座るようにしてブラケットを引き付けるようにして、足は前方に踏む事によりダンシングの出番が少なくなりました。あと2ヶ月するとダンシングせずグイグイと上れるのでは?と感じました。いずれにせよ、これから2ヶ月のトレーニングにかかっていると思う今日この頃です。


タイムは前回と同じ56分30秒でした。
本番では50分切りを目標。課題はラストスパート。


走行時間2時間16分23秒、走行距離45.5km
スピード Max36.6km/h Avg20.2km/h
ケイデンス Max104 Avg69
最大上り勾配 最高18% 下り13%
心拍 MaxHR166 AvgHR142
平均気温22℃


メモ
■ウォーミングアップをすると何故かいつも太腿が痛くなる。
■筋肉痛をコーヒー飴で乗り切った。
■上りコースに入ると太腿の痛みは気にならない。別の筋肉を使っているということか。
■猿がいっぱいいてサファリパーク状態。平坦路軍団と峠軍団に分かれている。走っている時は「おさるの籠屋♪」のメロディが頭から離れない。
■9時頃になるとヒルクライマーが一気に増える。
今日は車で来るヒルクライマーが多かった。
■登山客の路上駐車は如何なものか?200メートルほど縦列駐車。


ローラー台は、なしです。

腹筋下部&腰上げ腹筋30回は、朝のみ。ストレッチは朝と帰宅後
スクワット30回×1セット、踵上げ100回×1セット。

普段は無い太腿の痛みがありました。車で移動すると何故か痛くなります。それ以外の痛みは無かったです。腰の痛みは全く無いです。
今日は距離数が少なかったですが、収穫はありました。ガソリン代はかかりましたが走って良かったです。


※TarmacProSL(フレーム)の重さは約1,100g


posted by モノエ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

OGK クラニウムロック7用メッシュスウェットパッドセット

今日の最低気温は午前5時の19.5℃、最高気温は午後1時の30.3℃、天候は曇り一時雨&雷。
路面は、明け方まで湿潤、午前中乾燥、午後から湿潤状態でした。


朝練は、昨夜からの雨で路面が乾かず断念。
代わりにローラー台で1時間ベリーライト・ライト。ギアは39×17→16→15→16→17。
頭はバンダナで汗止めをしましたが、手の甲から滝のような汗が流れ落ちました。

走行時間1時間34秒
ケイデンス Max119 Avg95
平均心拍 69% 最高心拍 88%
平均気温29℃(室温)


ストレッチと腹筋下部&腰上げ腹筋(各30回)は、朝と夕方。
と、スクワット30回×3セット、踵上げ100回×4セット。

明日の朝練も雨の為できないようです。
が、変わりやすい天気なので準備だけはしておきます。
雨が降らなかったらクロモリのRNC7で走る予定です。


さて、OGK の クラニウムロック7用メッシュスウェットパッド をピックアップしてみたいと思います。
MOSTROなどクラニウムロック7を採用したモデルの交換用メッシュスウェットパッド
■ 後頭部のクラニウムロック調整ダイヤルの裏側に取り付けます

洗濯機で洗うと痛むので手洗いをして干しますが、これが中々乾きません。も1つあると快適かもしれません。


では、良い週末を!


関連リンク
OGK クラニウムロック7用メッシュスウェットパッドセット
OGK
ヘルメット
ウェア&シューズ
サイクルベースあさひ
posted by モノエ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

NATHAN NUTRITION-FLASK(3個セット、ミニボトル)

今日の最低気温は午前8時頃の20.5℃、最高気温は午前11時の25.1℃、天候は雨のち曇り。結局雨が降ったのは朝だけでした〜。

朝練は雨の為お休み。

ローラー台はお昼休みと夕方に10分回復走。(明日の朝の為に軽め)
ターマックはセットせずRNC7のままです。
どうやら今週の晴れは明日だけで後は雨の予報です。
しかも来週水曜日まで雨降りの日が続くようです。
しばらく夕方のローラー台でのトレーニングが続きそうですが、それに伴い夜型人間に切り替えなければなりませんね。


ストレッチと腹筋下部&腰上げ腹筋(各30回)は、朝と夕方。
と、スクワット30回×3セット、踵上げ100回×4セット。
ちなみにW杯の日本−カメルーン戦は試合が開始しする前に寝てしまいました。ブブセラという楽器の「ブーンブーン」という音が眠りを誘ったようです。


さて、NATHAN の NUTRITION-FLASK 3個セット をピックアップしてみたいと思います。
■ 画期的RaceCap採用により、ワンプッシュで弁が開閉し、簡単に補給が行えるミニボトル
■ コンパクトサイズなので、ジャージのバックポケットにも入ります
■ ベタベタしがちなジェル補給食に最適です
■ ボトル口径:35mm
■ 容量:7oz(230ml)
■ 重量:36g(1個)
■ 3個セット

体に掛ける冷却水用にも良いと思います。
腰痛持ちの人はバックポケットに入れておくと冷却効果もありそうです。(ウォーミングアップ後)

ヒルクライムレースで軽量を図りたい時や水分をあまり摂らない時はミニボトル(150ml)&ボトルケージセットのPROPELLER2.0が良いと思います。


関連リンク
NATHAN NUTRITION-FLASK 3個セット
NATHAN
ボトル 
ツアー&ツーリング
サイクルベースあさひ
posted by モノエ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

Tarmacでヒルクラ大作戦2010夏〜秋 その3

今日の最低気温は午前4時の18.0℃、最高気温は午後3時頃の30.1℃、天候は晴れ時々曇り。

今日は7時31分から4時53分まで、秋のヒルクライム・レースのコースとコースまでの行き返りをロードバイクで自走しました。

本当は涼しい5時からが良かったのですが川掃除の為時間が遅れてしまいました。走り始めた頃は20℃以上で日差しが強く暑かったです。


ウェアは、ノースリーブインナー+半袖ジャージ+夏用薄手のアームカバー、コンプレッションタイツ(インナーとして)+ビブタイツ、バンダナキャップ、指切りグローブといういでたち。

ウィンドベストは気温が高かったのでヒルクライムの下山でも使用しませんでした。


今日のテーマはヒルクライム大会のコースまで50kmを車ではなくロードバイクで移動。


走行時間7時間31分51秒、走行距離155.2km
スピード Max38.1km/h Avg20.0km/h
ケイデンス Max110 Avg68
最大上り下り勾配 最高15%
心拍 MaxHR169 AvgHR144

ヒルクライム大会のコースまでは殆どヒルクライム状態でした。約2時間半かかりました...。平均速度15km/hと思われます。暑さもあり途中で一瞬記憶が飛びました。途中でお尻の筋肉が痛くなり更に速度も落ちました。

ようやく到着して10分休憩してヒルクライム試走。
しかし、平坦路(コーナーリング&アッダウンあり)をノーマルクランクの重いギアで35km/hで走りましたが、旧料金所あたりで右ハムストリングスに激痛が走りリタイアし下って30分休憩し、ヒルクライム試走を断念し、帰路へ。

しかししかし、5分くらい走っていると魔法にかかったように痛みがなくなり、Uターンして再びヒルクライム会場へ。

会場へ着くと丁度正午だったので軽くゼリーを食べて20分休憩し、再びスタート。
2回目の平坦路コースはインナーで超高速ケイデンスで走りましたが、本番並のタイムでした。上りの方はというと2時間半移動の疲労で11-28のもっとも軽いギア(39×28)もアウター?のように重く感じました。
コンパクトでも重いのでは?と思いました。

やはり、上りが殆どのロングライド+ヒルクライムのタイムは考えない方が良いと思います。軽くヒルクライム試走するのが良さそうです。というか、力が出ません...。

帰りは、湖を半周しますが上りが効きました。その後はちょっと上って40分ダウンヒルして平坦路へ。


メモ
■130kmの予定が155kmに。
■暑かったので2.25ℓ水分補給。家に帰って0.5ℓ、ビール0.5ℓ。
■ハムストリングスは痛くないが、お尻の筋肉は痛い。
■ヒルクライムの練習をしている人と8人遭遇。
■バイク乗りの集団が多かった。
■次回は車に積んでヒルクライムの試走をしたい。

ローラー台は、なしです。

ストレッチと腕立て伏せ&腹筋上中下&腰上げ腹筋30回は、朝のみ。
スクワット30回×1セット、踵上げ100回×1セット。
帰宅後のストレッチはしました。


posted by モノエ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

Tarmacでヒルクラ大作戦2010夏〜秋 その2

今日の最低気温は午前4時の12.6℃、最高気温は午後2時頃の26.6℃、天候は晴れ時々曇り。

今日は先々週行われたヒルクライム・レースのコースと長距離を走ってみました。

スタートは気温が少し暖かくなり始めた6時3分。本当は6時ジャストスタート予定でした。

ウェアは、ノースリーブインナー+半袖ジャージ+薄手のアームウォーマー(アームカバー)+ウインドベスト(ウォームアップと下山用)、コンプレッションタイツ(インナーとして)+ビブタイツ、バンダナキャップ(下山から帰るまで)といういでたち。


今日のテーマは11-28スプロケットを有効に使うです。
ヒルクライムコースだけ書いてみます。

 平坦路ではアウターローにならないように気をつけて走ってみました。
52×15、52×17が殆どで結構重いギアで心拍は165以下。
 上り半分はギアを使い切らない程度に70〜80ケイデンスをキープ、中盤からは39×28でクルクルペダリング。思ったよりケイデンスは上がらず70台が殆どでした。体感的には90ケイデンスなのですが、中々前に進まない感じがしました。ギアを重くしようと思いましたが、とにかく我慢。ひたすらクルクルペダリング。
ハァハァしていましたが、心拍は160台をキープして安定していました。
 ラストスパートを重いギアでもがきましたが、軽いクルクルペダリングに慣れていない為か「もがき」きれませんでした。心拍も最高165とまったりしていまいました。

ノーマルクランクに慣れてしまうと、高速クルクルペダリングって以外に難しいですね。

で、ヒルクライムコース平坦〜上りのタイムは46分ジャストでした。
前回のノーマルクランク+12×25スプロケットよりも1分33秒タイムが縮まりました。練習のタイムでは最速です。まだまだ改善の余地ありです。


走行時間4時間46分12秒、走行距離117km
スピード Max43.6km/h Avg24.7km/h
ケイデンス Max106 Avg81
最大上り勾配 最高14%
心拍 MaxHR170 AvgHR145

家に着いたのは11時20分でした。

メモ
■ウォーミングアップの10分に張り切って走ったらお尻の脇が痛くなったが、体が温まってくると痛みは消えた。
■走り初めと終わりでは気温が10℃違う。
■軽いギアで峠を上ったので腰は痛くなかった。
■今日のレース会場の前の運動場はゲートボール大会だった。
■ヒルクライム試走をしていた人と2人遭遇。
■前回より7.3km多く走ったが疲れ方に変わりはない。むしろ疲れ方が少ない。
■飴玉を舐めて走ると唾液が出て喉を潤してくれる。


ローラー台は、なしです。

ストレッチと腕立て伏せ&腹筋上中下&腰上げ腹筋30回は、朝のみ。
スクワット30回×1セット、踵上げ100回×1セット。
夕方は1週間に一度のビールを美味しく頂き、できませんでした。
こんな日もありますね。
一応トレーニングから帰ってきてストレッチをしました。


秋のヒルクライムレースは、トルク重視でいくかケイデンス重視でいくか迷います。しかし、ノーマルクランクですと軽いギアだけ使わなければトルク重視にもできます。ということは両方使いこなせれば...。
という妄想中です。

最近、チェーンのリンクを増やす必要が無い11-27も検討中でもあります。
posted by モノエ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

Tarmacでヒルクラ大作戦2010春 その7(中断)

今日の最低気温は午前3時の7.1℃、最高気温は午前10時の13.3℃、天候はくもり一時雨。10時頃から強風そして雨。

今日は1時間30分寝坊の午前4時30分に起きて7時過ぎにスタートできるように準備しました。

早朝の路面の状態は一部濡れているところがありましたが、ロードバイクで走るのには支障がなかったです。


左のハムストリングスに若干の痛みを感じる物のストレッチなどをしてペダルを回せる事を確認し、7時13分にスタートしました。


ウェアは...
最高気温17℃を想定して
 スポーツフルのベスト(VEST HOT PACK)+パールイズミのプレミアム半袖ジャージ+インナーにゼビオ・ブランドのX-unitedのWARM PLUS(裏起毛)、パールイズミのプリザーブ・プレミアムタンクトップパンツ+CW-Xのコンプレッションタイツ、夏用のスペシャライズドのフルフィンガーグローブ、PEACEのスカルキャップとヘルメット。


気温は10℃くらいで寒すぎる程ではないですが、若干風が冷たかったように感じました。

2分くらい走っていると太腿に張るような違和感が!
ちょっと走ると治る?かな?

しかし、何だかヤヴァイ前触れ。肉離れでペダルを回せなくなる前のあの感じ。
これ以上続けるとレースに出れなくなる...。

と思い、3分くらいでUターンして帰りました。
帰りはペダルをゆっくり回していたので多少時間がかかったと思います。

太腿に痛みは少し残りましたが、無理な運動をして悪化する肉離れは避けられました。

しかし、心配していた左のハムストリングスの痛みはなく、前面の両太腿が突然痛くなるのは何故...。確かに峠3日連続トレーニングが悪かったと思います。続けた分休みも3日必要なのかもしれませんね。
(間2日休みでした)

今日の予定は、プチ峠を2時間インターバルトレーニングの予定でした。


で、家に到着した時刻は、午前7時25分!

走行時間9分52秒、走行距離2.7km
休憩時間と信号待ちを入れての総時間は12分
スピード Max23.3km/h Avg17.1km/h
ケイデンス Max91 Avg72
最大上り勾配 最高5%
心拍 MaxHR140 AvgHR114


メモ(つぶやき)
■疲れのアラームが筋肉痛?止める勇気も必要?
■ウェアばっちり、しかし10分でロードバイク乗り終了...。
■筋肉痛と肉離れの間(はざま)。
■レースまで1ヶ月ない。とにかく前向きでいくしかない。
■今日はロードバイクのGW休みと考える。しかし、いつまで休むのか?


ローラー台は、お休みです。
ストレッチと腕立て伏せ&腹筋上中下&腰上げ腹筋30回は、朝のみ。
スクワット30回×1セット、踵上げ100回×1セット。
ストレッチをしている時は何でも無かったんですが...。
午後は夕方まで爆睡しました。寝不足も筋肉痛の原因だったのかもしれません。太腿の痛みは和らいできました。


今後の課題は、無理をせず休みを入れながら強化トレーニングです。
今週はローラー台で様子見です。

posted by モノエ at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

久しぶりに、ローラー台での休日

今日の最低気温は午前8時の0.7℃、最高気温は午前1時の5.0℃、天候は雨&みぞれ一時曇り。

午前中は様子を見ながらローラー台を1時間。
ケイデンスは90を目安に39×17のギアでペダリング。
おしりが痛くなった時にはギアを2枚重くしてダンシングで対処しました。

心拍 AVE64% MAX71%
ケイデンス AVE90 MAX95 
室温は朝、暖房をつけていたので17℃

午後も雨が降ったり霙(みぞれ)が降ったりで路面は水溜りができていました。午後4時に路面が乾いたと思いきや30分もすると雨が降りだしてきました。
で、午後も1時間ローラー台でした。ギアとケイデンスは同じです。

心拍 AVE68% MAX76%
ケイデンス AVE91 MAX97 
室温は20℃

メモ
■ロードバイクはSpecialized TarmacProSLでコンポは79デュラ
■固定ローラー台はサイクルオープス
■ボトルの中身は半分だがコップ1杯ぐらい残った。
■ウェアはパールのレーパンと吸汗速乾Tシャツ
■タオルは必須
■同じケイデンスで1時間続けるのは以外に難しい。
■BGMは殆ど聞こえないが、集中しやすい。
■午前のローラー台の後に用事があって外に出た為か体が冷えた。

ストレッチと腹筋上部&腰上げ腹筋30回は、朝と午後のローラー台終了後。
スクワット30回×2セット、踵上げ100回×2セット。


今日はローラー台を合計2時間乗りましたが、腰の痛みや脚の痛みはありませんでした。外でロードバイクには乗れませんでしたが、良い汗をかけたと思います。
来週は軽くヒルクライムの試走をしたいですね。レースまで2ヶ月半ですし...。
posted by モノエ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

GOLDWIN(ゴールドウィン)GWB-902 レースライド3DエルゴジャージLS ブルー(春夏用長袖ジャージ)

今日の最低気温は午前7時頃の5.2℃、最高気温は午前12時頃の6.9℃、天候は曇り時々小雨。あまり寒暖の差がない一日でした。


路面は、雨の為、一日湿潤状態でした。
明日は午前中に雪が降る予報なので、ロードバイク乗りは平坦路コースになりそうです。しかし、問題は積雪量です。午前中のうちに融ければ良いのですが...。


ローラー台は、お昼休みに10分と夕方に30分。
共にギアは39×17で回復走。
夕方の測定は、
心拍 AVE63% MAX69%
ケイデンス AVE90 MAX95 
室温は13℃、少し汗ばみました。タオルを準備するのを忘れましたが、汗が床に落ちずセーフ。
90ケイデンスに慣れてきた為か日に日に心拍数が下がってきています。


ストレッチと腕立て伏せ&腹筋上中下&腰上げ腹筋(各30回)は、朝と夕方。
と、スクワット30回×3セット、踵上げ100回×3セット。
今日はフルメニューでした。


さて、GOLDWIN(ゴールドウィン) GWB-902 レースライド3DエルゴジャージLS をピックアップしてみたいと思います。



GOLDWIN ゴールドウィン GWB-902 レースライド3DエルゴジャージLS ブルー

●タイトフィットタイプ
●軽さと涼しさを追求した春夏用のロングスリーブジャージ
●吸水/吸湿、制電性、冷感機能に優れたマルチ性能を持つ素材を使用
●ファスナーはYKK株式会社との開発コラボレーションによる「縦に伸びるファスナー」 これにより乗車姿勢時(前傾姿勢)に気になるファスナーのたわみがなくなり、動きやすく快適なフィット感とスムーズな着脱を実現
●衿の擦れを軽減するよう、衿の縫製部分にケアテープを設定
●フルジップ
●3バックポケット+ファスナー付きポケット1つ
●カラー:ブルー
●サイズ:M

昨年2009年春夏モデルです。
(メーカー希望価格 16,800円(税込)→販売価格 11,760円(税込))

これから季節に大活躍すると思います。
ヒルクライムレース当日のウォーミングアップ用にも良さそうですね。


では、素敵な週末を!


関連リンク
GOLDWIN ゴールドウィン GWB-902 レースライド3DエルゴジャージLS ブルー

GOLDWIN ゴールドウィン

サイクルアパレル

ウエア

└快適なサイクルライフへのいざないセレクトイット!!
posted by モノエ at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

パナレーサー クローザー(ロード用クリンチャータイヤ)

今日の最低気温は午前5時頃の-2.6℃、最高気温は午後4時の3.3℃、天候は曇りのち雪のち雨。


朝6時半過ぎから雪が降り始め次第に雨に変っていきました。
路面は湿潤でした。


ローラー台は、お昼休みに10分。ギアは昨日の39×15のままだったでしたが、重いことに気付きギアを1つ軽くしました。39×16
そして、夕方に20分。回復走的に軽めのペダリングです。
まだ、重い感じがしたのでギアを一つ軽くしました。39×17

ストレッチと腹筋下部は、30回を朝と夕方。


さて、 パナレーサーのクローザーをピックアップしてみたいと思います。
■ アーバンライドやツーリング、トレーニング用に最適なタイヤ
■ 転がり抵抗を抑えつつ、耐久性を重視
■ オールコンタクトトレッド形状
低い転がり抵抗とグリップ性能のベストバランスを徹底追求することにより最適化された断面形状がスムーズな走行と安定感に貢献
■ ZSGナチュラルコンパウンド
高反発性の天然ゴムをシリカで補強。耐カット性を強化し、トータルな耐久性をアップ。転がり抵抗が少なく、練習から公道でのレース用としてもウルトラスムースな走行感を実現
■ ケブラービード
■ カラー:ブラック、ブラック/ブルーライン、ブラック/レッドライン、ブラック/アイボリーライン、ブラック/イエローライン
■ サイズ:700×20c(190g)、700×23c(200g)、700×25c(220g)
(定価\3,550 販売価格\2,835)
※チューブは同メーカーのR-AIRが良いパフォーマンスを発揮できると思います。

パンクが気になったり、雪解け水などの湿潤な路面を走るという時には10g重くなりますが、エクストリームEVO3-Protexが良いのでは?と思います。
(定価\5,660 販売価格\4,525)

しかし、上り性能が良く軽量なのでヒルクライム・レースのみの使用でも問題なく、トレーニングやツーリングでも使え、リーズナブルです。

まさに、ヒルクライムのトレーニングから本番まで使える今の時代に相応しい財布にやさしいタイヤだと思います。



関連リンク
パナレーサー クローザー ケブラービード サイズ:700c
パナレーサー
WOタイヤ
ロードバイク
サイクルベースあさひ
posted by モノエ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

GOLDWIN(ゴールドウィン) GWB-100 サミットウィンタージャケット サミット

今日の最低気温は午前3時頃の-3.9℃、最高気温は午後4時の-2.4℃、天候は曇り一時晴れのち雪。午後には晴れ間がでてきて路面の雪が解けはじめてきました。しかし、すぐに曇り、雪が降ってきました。道路の雪が解けそうもないです。


ローラー台は、お昼休みに10分、午後に10分、夕方に10分。
箱根駅伝を見ながらペダリングしていると無性にヒルクライムがしたくなりました。しかし、向こうは雪がなくて羨ましいです。


ストレッチと腕立て伏せ&腹筋上部下部(各30回)は、昼前と夕方。
テレビを見ながら10を3回数えると途中で分からなくなるので、普通に1から30を数える事にしました。タメになったね〜、タメになったよ〜(もうすぐ中学生風に)


さて、GOLDWIN(ゴールドウィン)の GWB-100 サミットウィンタージャケット サミット をピックアップしてみたいと思います。



●0℃〜5℃に対応
●ウィンタージャケットの最高峰モデル
●伸縮性、防風・透湿・耐水・撥水・保湿性に優れた高機能素材を全体に使用した3Dエルゴカッティング設計
●リフレクターを肩や背面に装備し、安全性を高めてます
●風が入りにくいリブ袖口
●縦に伸びる「ストレッチファスナー」で、より身体にフィットします
●風が入りにくいダブルカラー
●3バックポケット+ファスナー付きポケット1つ
●カラー:サミット
●サイズ:S、M、L、XL
GOLDWIN ゴールドウィン GWB-100 サミットウィンタージャケット サミット


袖とサイドのベンチレーションで冬のハードなトレーニングも快適。
蒸れ難い理想的なウィンタージャケットです。

どちらかというと、雪が降っても大丈夫な仕様です。


関連リンク
GOLDWIN ゴールドウィン GWB-100 サミットウィンタージャケット サミット

GOLDWIN ゴールドウィン

サイクルアパレル

ウェア

└快適なサイクルライフへのいざないセレクトイット!!
posted by モノエ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

SiDIシディ GENIUS 5 PRO STL/WHT/STL/BLU/WHITE(新色)

今日の最低気温は午前4時の20.3℃、最高気温は午後4時の30.5℃、天候は晴れ。暑いです!

朝練は、4時51分から6時12分までTarmacProSLで、平坦路を回復走。
心拍が120〜130台になるように調整しながら走りました。

走行時間1時間17分37秒、走行距離30km
スピード Max36.1km/h Avg23.6km/h
ケイデンス Max101 Avg82
最大上り勾配 8% 下り7%
平均心拍 71%
平均気温21℃

ローラー台は、お休み。
ストレッチは朝と夕方。腹筋と腕立て伏せを20回。


そういえば、午前中にAREA USB接続Irda USB irda SD-IRU1Sが届いていました。
ポラールCS400の左上にある赤外線送受信ポートをIrdaに近づけると送受信できました。(Irdaに対してCS400を直角にあてる)
いろんなパソコンで試してみましたが問題なく送受信できました。
 

さて、 SiDI(シディ)の をピックアップしてみたいと思います。



ROAD SiDIシディ GENIUS 5 PRO STL/WHT/STL/BLU/WHITE

'10モデル 新カラー登場
新タイプのソールを採用してモデルチェンジ
●ソール素材:Millennium 3 Sole
ナイロン製に若干カーボンを配合することによって「Millennium 2」に対して剛性を36%アップ!
●アッパー素材:LORICA/ナイロンメッシュ
●カラー:STL/WHT/STL/BLU/WHITE
●サイズ:41.5、42.5、43、43.5、44、46
*39、40、40.5、41、42、45サイズ欠品中

ロードバイクの色と合わせたい人には嬉しいカラーです。
今までに無かったカラーです。


関連リンク
ROAD SiDIシディ GENIUS 5 PRO STL/WHT/STL/BLU/WHITE

シューズ

ウェア

└快適なサイクルライフへのいざないセレクトイット!!
posted by モノエ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

エリート リアルアクション パソコン連動型サイクリングシミュレーター

今日の最低気温は午前5時の21.0℃、最高気温は午後1時の30.1℃、天候は曇り時々晴れ 夕方から雷雨&ゲリラ豪雨。


朝練は、4時34分から5時35分までカーボンロードのTarmacProSLでゆっくり走ってみました。5日ぶりです。
折り返し地点を越えたところで、右膝上の内側が少し痛くなりました。ゆっくり走ると痛みが治まりました。膝が開いていた可能性があります。家に着くと痛みは若干ありましたが、冷やしているうちに痛みはなくなってしまいました。

走行時間57分19秒、走行距離22.8km、最高34.3km/h、平均24.3km/h
心拍 平均144、ケイデンス 平均97、最高勾配上下4%

ローラー台は、夕方に10分。
(明日のヒルクラの試走に行く準備をする為に早く切り上げました)

ストレッチは朝と夕方。
(腕立て伏せと腹筋20回はお休み。)


さて、エリートの リアルアクションをピックアップしてみたいと思います。
■ まさにリアルアクション、グーグルストリートビューとWiiを足して更にグレードアップしたローラー台です。後輪の固定方法も若干遊びがあるため、多少車体が左右に揺れるところもリアルです。
これなら、絶対に事故することなく、オールコンディションで世界中のあのコースが楽しめます。
一度体験すると、もう普通のローラー台は乗れません。
■ パソコンに接続し、モニターに映し出される実際のコースを走行体験できるサイクル・シュミレーション・システム
■ 世界戦やツール・ド・フランスなど現実のレースコースを走行体験できる実写映像データがDVDソフトとして付属されており、そのコースを実際に走行してるかのように坂道ではトレーナーの負荷が変化する仕組みになっている
■ モニターには速度、平均速度、ケイデンス、高度など情報が表示され、心拍計をつけている場合はその電波を拾うトランスミッターも装備され同時にモニターできるようになっている
■ 走行できるコースはDVDソフトで追加購入可能
■ 自分で距離や勾配を決めてオリジナルコースの設定をする事も可能で、この場合はトレーニングメニューにあわせた負荷を自分で設定できる事になり、より効果的なトレーニングが可能になる
■ トレーニングデータは保存でき、トレーニングの成果や他人のデータとの比較も容易にできる
■ 過去のデータや他人のデータをゴーストとしてトレーニング中に表示させる事も可能
■ 最大設定可能傾斜度:10%
■ 対応PC
OS:ウインドウズ2000、XP、VISTA対応
CPU:Intel Pentium4 2.0GHz 以上
メモリ:256MB 以上
HDD:10GB 以上の空き
ドライブ:DVD-ROM ドライブ
■ ビデオレースDVD 2コース付属(どのコースが付属しているかはわかりません。届いてからのお楽しみです)
■ 商品セット内容:リアルアクション本体・ソフトウエア・ビデオレースDVD2コース・トラベルブロック
※ ご使用には、別途ウインドウズパソコンとモニターが必要です。

今年の夏は家の中で黙々とヒルクライムのトレーニング!
涼しい時にヒルクラの練習をしたいけれど、車や自転車で移動している間に時間が過ぎ、いざ走ろうとすると太陽の光がギラギラ...。暑いっ...。

または、雨で全然ヒルクラの練習ができない...。
なんてことは無用。

ヒルクライムの時、機材を持ち込んでウォーミングアップ。
...あると思います。


では、素敵な週末を!
涼しい時間だけ雨が降りませんように。


関連リンク
エリート リアルアクション パソコン連動型サイクリングシミュレーター
エリート
ローラー台
パーツ&アクセサリー
サイクルベースあさひ
posted by モノエ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

2009 Centurion センチュリオン GIGADRIVE 4000 ギガドライブ 4000 (ロードバイク)

最低気温は午前6時の2.4℃、最高気温は午後3時頃の22.8℃、天候は晴れ。今日も暑かったです。

ローラー台は、お昼休みに10分、夕方にインターバルトレーニング20分。
そして、15分ウォーキング。花粉症メガネとマスク装着。
家に帰ると鼻水地獄...。


さて、2009 Centurion(センチュリオン) GIGADRIVE 4000 ギガドライブ 4000をピックアップしてみたいと思います。

■サイズ: XS(50cm)、S(53cm)、M(56cm)
■カラー: プレーン ホワイト/カーボン
■フレーム: ROAD RACE CARBON、ゼロスタック ヘッド、フレックス ステー、リプレイサブル リアメカハンガー
■フォーク: ADK ハイモジュラス カーボン モノコック アルミコラム
■フロント&リアハブ、スポーク、リム: MAVIC AKSIUM WHEELSET
■タイヤ MAXXIS XENITH HORS CATEGORIE ARAMID BEAD
■ボトム ブラケット: SHIMANO
■クランク: SHIMANO FC-R600 50/34T
■チェーン: SHIMANO Ultegra CN6600
■ヘッドセット: FSA BB-410-SL 、ゼロスタック
■ハンドルバー: Procraft Race OS
■ステム: Procraft AL OS Pro -6°、31.8mmクランプ
■ブレーキ: SHIMANO Ultegra BR6600
■ブレーキ レバー: SHIMANO Ultegra STI
■フロント ディレーラー: SHIMANO Ultegra FD-6600-F
■リア ディレーラー: SHIMANO Ultegra RD-6600 use SS type
■シフター: SHIMANO Ultegra ST-6600
■リア スプロケット: SHIMANO Ultegra CS6600 12-27T、10SPEED
■サドル: Centurion Race A
■シートポスト: POST MODERNE Smica Pro Post Offset 31.6mm

コンポはアルテグラで、クランクがコンパクトなので峠も楽です。
重量は8.2kgです、ANCHORのRFX8Eliteよりも200g重いだけです。とはいえ、RFX8EliteはコンポがアルテグラSLなので100g軽く、フォークがフルカーボンモノコックプロオーバーサイズなので、同じ装備ですと重量は同じかと思います。200gの差ははホイールでカバーできるかと思います。

ちなみに、GIGADRIVE 4000は、今月号(4月号)のバイシクルクラブの表紙にドロンジョーヌさんと一緒に写っています。


GIGADRIVE 4000やCenturionのバイクの詳しくはCenturion センチュリオンのサイトを覗いてみて下さい。


関連リンク
2009 Centurion センチュリオン GIGADRIVE 4000 ギガドライブ 4000 (ロードバイク)
Centurion(センチュリオン)
ロードレーサー ロードバイク
アトミックサイクル
Yahoo!ショッピング
posted by モノエ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

BHビーエイチ SPEED ROM(ロードバイク)

今日の最低気温は午前6時の-2.5℃、最高気温は午後1時の12.7℃、天候は晴れのち雨。

なんと、今年初の花粉症に...。参りました。

ローラー台は、お昼休み10分、夕方にインターバルトレーニング。
お昼休みはヒルクライム・モード、夕方は平坦モード。ローラー台では平坦モードの方が腹筋のトレーニングになると思いました。
その後は、15分ウォーキング。雨でした。


さて、BH SPEED ROMをピックアップしてみたいと思います。
■ユニディレクションハイモジュラスカーボンモノック採用モデル。
■ユニディレクションとは単一方向性で剛性レベルを高める仕様のことです。
■カラー : シルバー/イエロー/ブラック
■重量 : 900g
■サイズ : 44、48

BH SPEED ROM
■FRAEM: Crbon
■FORK: Crbon
■R.DER: 105
■F.DER: 105
■Shifter: 105
■Brake: 105
■Crank: FSA Gossamer MegaExo 50.34
■Handleber: FSA Omega compact
■Stem: FSA OS
■Seat Post: Crbon
■Seat: SAN MARCO PonzaC
■Wheels: WHR500A

フレーム重量が900gということで、初めてカーボン・ロードを買う人には将来的に良いと思います。徐々にグレードアップしていくと7.6kg台までいけそうな気がします。

このロードバイクを買ったら、最初にグレードアップしたいのはホイールですね。次にコンポです。

ちなみに、マルチレイヤーカーボンファイバー採用モデルで同じ900gの
CONNECT フレームセットもありました。


詳しくはBHのサイトをご参照下さい。

関連リンク
BH SPEED ROM
BH CONNECT フレームセット
09 BH ビーエイチ ロードバイク
ロードバイク
DRIFT
Yahoo!ショッピング
posted by モノエ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

サイクルワールド RAAU アルテグラ仕様(アルミ・ロードバイク)

今日の最低気温は午前4時頃の-2.4℃、最高気温は午後4時の5.5℃、天候は雪のち晴れ。

朝起きたら、銀世界でびっくり。日曜日にヒルクライムの練習ができなくなる?と思い焦っていました。


ローラー台は、お昼休みに10分、夕方にインターバルトレーニング20分。
インターバルトレーニングで20秒もがき、60秒回復の繰り返しですが、考え事をしていたら、あれ?何秒だったっけ...と。時間が分からなくなりました。 あると思います。

その後は、アンクル・ウェイト&ハンドグリップにぎにぎのウォーキング15分。いつもと同じです。

さて、サイクルワールドの RAAUをピックアップしてみたいと思います。
■CYCLE WORLDは、日本人に乗りやすい自転車を製作しているジャパンブランドです。
■コンポーネントにアルテグラを採用した本格モデル。

在庫有り●サイクルワールド RAAU アルテグラ使用 530mmブラック
アルテグラ使用はアルテグラ仕様だと思います...。それが狙いかも。
■フレーム:7005アルミニュームDBスーパ-ライト
■フロントフォーク:アドバンス 1 1/8カーボン
■ヘッドセット:アルミインテグラル
■ボトムブラケット:シマノ ULTEGRA BB-6600
■ギヤクランク: シマノ ULTEGRA FC-6600
■フロントディレイラー:シマノ ULTEGRA FD-6600
■リアディレイラー: シマノ ULTEGRA RD-6600-SS
■シフト/ブレーキレバー:シマノ ULTEGRA ST-6600
■カセットフリー:シマノ ULTEGRA CS-6600 
■ブレーキ:シマノ ULTEGRA BR-6600
■ホイルセット:シマノ WH550
■タイヤ:700X23C
■チェーン:シマノ CN-6600
■ペダル:設定無し
■サドル:VL-1014
■シートピラー:SP-90
■ハンドルバー:DR-AL-478
■ハンドルステム:HL-LMR-RL
■チェーンステーガード:高分子ポリマーPPUS Mタイプ  

アルミフレームなので若い人に向いていると思います。
重さは8.9kgです。軽量クロモリ+アルテグラと大体同じ重さ。
10万円台でアルテグラ仕様が買えるのはあまりないと思います。
浮いたお金でタイヤやサドルやハンドルなどを買って更に軽量化なんてことも...。

残り1台とのことです。

サイクルワールドのサイトもご参考にどうぞ。

関連リンク
在庫有り●サイクルワールド RAAU アルテグラ使用 530mmブラック
アトミックサイクル
posted by モノエ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

GHISALLOギザロ GC-3 アルテグラSL仕様完成車

今日の最低気温は午前7時の-0.8℃、最高気温は午後3時の10.7℃、天候は晴れ。


ローラー台は、お昼休みに10分、夕方にインターバルトレーニング20分。
そのあとは、15分ウォーキング。


さて、GHISALLOギザロ GC-3 アルテグラSL仕様完成車をピックアップしてみたいと思います。

GHISALLOギザロ GC-3 アルテグラSL仕様完成車
■定評のあるGHISALLOオリジナルジオメトリーを採用した、ハイモジュラス・カーボンロード、GC-3。
■日本人でも無理なく乗れて、無駄なくパワーを出せるポジショニングが可能です。
■ボリューム感のあるBB周辺がパワーロスを抑え、カーブドシートステーが路面からの衝撃を吸収します。
■アルミラグを使用した、カーボンフレームです。
■シマノ アルテグラSL 10速仕様完成車。

■SIZE 420, 450, 480mm
■COLOR カーボン
■WEIGHT フレーム:1,240g フォーク:360g
■ハンドル幅 外‐外420mm
■ステム長 100mm
■クランク長/歯数 170/52-39
■リヤスプロケット歯数 12/25
■使用コンポーネント シマノ アルテグラSL 10速

画像見るとホイールはシマノ WHRS20-L(795gフロント、1074gリア)のようです。

驚くのは価格です。
標準価格:259,900円(税込) 販売価格:240,160円(税込)

カーボンフレームとアルテグラSLでこの価格。
フレームは超軽量とまではいきませんが、フォークが360gと軽いので、トータルでみると軽い方です。

ホイールを代える事によりロングライドからヒルクライムまでいけそうですね。

アルミラグでカーボンフレームというと梅丹本舗・GDR・エキップアサダを思い浮かべますね。

このロードバイクは要チェックです。


関連リンク
GHISALLOギザロ GC-3 アルテグラSL仕様完成車
GHISALLO
ロードレーサー
ワールドサイクル
Yahoo!ショッピング
posted by モノエ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

FELT/フェルト F4 (ロードバイク) 2008年モデル

今日の最低気温は午前5時の-1.8℃、最高気温は午後3時の8.9℃、天候は曇りのち晴れ。

雪も殆ど融けて、そろそろ峠を走りたいですね。
明日は行ける所まで行ってみたいです。

ローラー台は、お昼休みに10分、夕方に20分インターバルトレーニング。
その後、10分ウォーキング。


さて、FELT/フェルト F4 2008年モデルをピックアップしてみたいと思います。
■カーボンフレーム&MAVIC KSYRIUM EQUIPE採用、フェルトの中上級者向けロードバイク。
■メインコンポーネントは、話題のSHIMANO ULTEGRA-SLを採用。
●FRAME : FELT ハイモジュラスカーボン モジュラーモノコック 3KPフィニッシュ
●WEIGHT :7.84Kg(560mmサイズ)
●変速:フロント2速/リア10速

FELT/フェルト F4 (ロードバイク) 2008年モデル
■フレーム: FELT ハイモジュラスカーボン モジュラーモノコック 3KPフィニュッシュ
■フォーク: FELT 1.3 ハイモジュラスカーボン 3KPフィニッシュ カーボンブレード カーボンクラウン カーボンステアチューブ
■クランクセット: SHIMANO ULTEGRA-SL 53T×39T (ノーマル)
■F&Rディレイラー: SHIMANO ULTEGRA-SL
■シフター: SHIMANO ULTEGRA-SL 20S
■フリーホイール(スプロケット): SHIMANO 10S カセット 11/25T
■タイヤ: VITTORIA RUBINO PRO 700×23C
■ブレーキ: SHIMANO
■ブレーキレバー: SHIMANO ULTEGRA-SL
■ハンドルバー: FELT 1.4 6061アルミバテッド エルゴノミック
■サドル FELT 1.2 ロードサドル カーボンベース カーボンインサート付中空クロモリレール
■シートピラー  FELT 1.1 カーボン モノコック

30万円以下のフルカーボン・アルテSL仕様です。
クランクを 50T×34Tに変えるとヒルクライムで楽になります。


在庫処分特価ということで
希望小売価格:292,950円(税込)→ライフ特別価格:249,000円(税込)
520mm/165-180cmのみ在庫があるようです。
旧モデルも狙いかもしれませんね。


ちなみに、2009年モデルのF4 SLはクランクがコンパクトでヒルクライム向きになっています。
重さは7.93kgで2008年モデルよりも90g重いです。クランクとホイールの影響かと思います。

2008年モデルに比べると値上がりしています。
希望小売価格:321,900円(税込)
検索してみると2009年モデルは人気があるようですね。

では、素敵な週末を!


関連リンク
FELT/フェルト F4 (ロードバイク) 2008年モデル
FELT/フェルト ロードバイク 2008年モデル
FELT/フェルト F4 SL (ロードバイク)2009年モデル
FELT/フェルト ロードバイク 2009年モデル
ロードバイク
サイクルショップ ライフ
Yahoo!ショッピング
posted by モノエ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

テスタッチ PEAK-EXCEEDカーボン+アルミロードレーサー(アルテグラ)

今日の最低気温は午前5時の-2.6℃、最高気温は午後1時の1.2℃、天候は小雪。

ローラー台は、お昼休みに10分、夕方にインターバルトレーニング20分。
そのあとにウォーキング15分。


さて、テスタッチのPEAK-EXCEEDをピックアップしてみたいと思います。
■カラー: ポリッシュ
■サイズ: S、M、L
■フレーム: テスタッチ T-700 CARBON(HEAD&SEAT:ALLOY)
■フォーク: テスタッチ CARBON STEERER:ALLOY 1-1/8"
■ヘッド: TANGEIS-22 Black 1-1/8"
■コラムスペーサー: テスタッチ CARBON 5mmx4pc 1-1/8"
■BB: ULTEGRA SM-FC6600
■STI: レバー ULTEGRA ST-6600
■F. ディレーラー: ULTEGRA FD-6600
■R. ディレーラー: ULTEGRA RD-6600SS
■チェーンホイール: ULTEGRA FC-6600 52x39T/170mm
■スプロケット: ULTEGRA CS-6600 12〜25T 10S
■チェーン: ULTEGRA CN-6600
■ブレーキ: ULTEGRA BR-6600
■ホイール: アンブロッシオ SONAR COMPLETE W/O 700C
■タイヤ: ゴミタリアLOGO FULL BLACK 700x23C
■チューブ: ゴミタリア
■ハンドル: ディズナ ALLOY&CARBON S:380mm M&L:400mm
■ステム: ディズナ S:100mm M&L:110mm
■バーテープ: ディズナ BLACK/BLACK
■サドル: ディズナ BLACK
■シートポスト: テスタッチ ALLOY&CARBON 300mm 27.2mm
■シートクランプ: テスタッチ 31.8mm

■日本人の体格に合わせ応力ねじれ剛性振動吸収性等を形状や肉厚バランスを実践テストデータに基づき配分したカーボンチューブは、シートチューブとヘッドチューブに 敢えてアルミを使用する事でサイズごとのチューブ長の細分化を図っています。
■完成 車スペックは細部まで妥協を許さない内容でレース出場が前提のライダーまで幅広い 層が満足できるコンペティションバイクと言えます。

ちなみメーカーのデータによると...
◎カラー:エクシードツートン
◎重量:完成車 8.26kg(M)・フレーム&フォーク 1.75kg(L)

フレーム&フォーク:¥165,900 ( 本体:¥158,000)で販売しているようです。

コンポがアルテグラです。アルテグラはSLじゃない方です。(SLと比べると100g重く3,500円安い)

フレームが意表をついています。ヘッドチューブとシートチューブにアルミを使い、それ以外はカーボンを使用しています。

定価\270,900ということは、フレーム&フォーク以外のパーツが105,000円という事ですね。
でも、ホイールは43,000円、コンポが9万円くらい...すでに13万円

フレーム買いするよりもお得ということですか。
しかも、8.26kgですし。



では、良い週末を!


関連リンク
テスタッチ PEAK-EXCEEDカーボン+アルミロードレーサー
テスタッチ
ロードバイク
サイクルベースあさひ
posted by モノエ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

KHS 09 FLITE 900(フルカーボン、アルテSL、ロードバイク)

今日の最低気温は午前6時の-3.1℃、最高気温は6.7℃、天候は晴れのち曇りのち雪。

ローラー台は、お昼休みに10分、夕方は20分インターバルトレーニング。
そのあと、ウォーキング15分。途中で雨が降ってズブ濡れ...。


さて、KHS 09 FLITE 900をピックアップしてみたいと思います。
まず、スペックです。
■Frame: Full Formed Carbon w/Wishbone Seatstays, Integrated headtube,replaceable dropout
■Fork: Alpha Q CS 10 Carbon
■Headset: FSA Orbit IS-2 integrated
■Rims&Hubs: Mavic Aksium
■Spokes: Mavic Aksium 20°
■Tires: Hutchinson Top Speed 700X23C folding
■Front&Rear Derailleur: Shimano Ultegra SL
■Shifters: Shimano Ultegra SL STI
■Chain: Shimano 105
■Crankset: Shimano Ultegra SL, 2-piece, 53/39
■Bottom Bracket: Shimano Ultegra SL Outboard Bearing
■Cassette: Shimano CS-5600 11-23 10-Speed
■Seatpost: Q2 Carbon, 2-Bolt adjust
■Saddle: Selle San Marco Aspide
■Handlebar: 3T Ergosum, Alloy butted, 31.8mm, Compactbend
■Stem: 3T ARX Pro, Alloy, 31.8mm, 6 °
■Tape: Cork Tape
■Brake Levers: Shimano Ultegra SL STI
■Brakes: FSA Gossamer Dual Pivot
■Color Black/White/Red
■Frame Size XS, S, M

■FLITEは究極の性能を追及したKHSのロードレーサーシリーズです。
■フルカーボンモノコック構造のフレームを採用、高剛性と軽量化を実現した本格派ロードバイクです。

コンポがアルテグラSLで定価29万円以下というとFLITE 900とBIANCHI 09 928 Carbon MONO-Q Ultegra Doubleだけです。FLITE 900の方が安いです。ドル安だから?

FLITE 900のフレームは良く見るとオルベア・オルカに似ていますね。
ちなみに、FLITE TEAMフレームも発売されているようです。$5299(50万円くらい)のデュラ仕様(完成車)のフレームです。これもリーズナブルです。

これはイケそうな気がします。

5月入荷予定とのことです。

※サイクルショップ ライフにもKHS Flite 900ありました。

関連リンク
KHS◆ケーエイチエス】 09 FLITE 900
【KHS◆ケーエイチエス】 09 FLITE TEAM フレーム
【BIANCHI◆ビアンキ】 09 928 Carbon MONO-Q Ultegra Double
09 KHS ロードバイク
ロードバイク
DRIFT
KHS Flite 900 【2009年モデル】 (ロードバイク)(サイクルショップライフ)
サイクルショップ ライフ
Yahoo!ショッピング
posted by モノエ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

スコット SPEEDSTER-S35CD(ロードバイク)

今日の最低気温は午前2時の-1.3℃、最高気温は午後1時の3.3℃、天候は晴れ時々雪。

雪はチラチラ降っていただけで積もりませんでした。来月にはロードバイクに乗れそうな気がします。


ローラー台はお昼休みに10分、夕方に20分トレーニング。程よい筋肉痛。
BGMは「BAD COMPANY」の1stアルバム「BAD COMPANY」でした。当時はこのアルバムは全米1位なったそうです。ヴォーカルは、現在のクイーン+ポール・ロジャースのヴォーカルのポール・ロジャース。


さて、スコットのSPEEDSTER-S35CDをピックアップしてみたいと思います。
■アルミハイドロフォーミングチューブを採用した軽量モデル。
■ヒルクライムに最適
■人気のコンパクトドライブ
■変速:2x10s
■重量:8.9kg

■カラー: ホワイト/アンスラサイト/ゴールド
■サイズ: S、M、L
■フレーム: ハイドロフォーミングアロイチューブ
├フォーク: アディクトカーボン/アルミコラム
├ヘッドセット: インテグラルカートリッジ
├ハンドル: スコット アロイOS
└ステム: スコット ロードチームOS
■R・Fディレーラー、シフター、ブレーキレバー: シマノ 105
■ブレーキ: スコット プロ
■クランクセット: トラバティブ エリートロード 50/34t
└BB: トラバティブ エリート
■シートポスト: スコット アロイ 31.6mm
└サドル: スコット ロードPRO
■チェーン: シマノ CN-5600
■カセット: シマノ 105 11/25T
■F・Rハブ: スコット チーム
├スポーク: フォーミュラ ブラック
├リム: アレックス レース28エアロプロファイル
└タイヤ: ハッチンソン エキノックス 700x23c

アルミロードで8.9kgは軽い方だと思います。しかも、このクラスでコンポが105装備でレースにも出場できます。価格から考えると通勤通学にも使えます。トレーニング用にも良いですね。

タイヤやコンポをグレードアップするともっと軽くなると思います。


関連リンク
スコット SPEEDSTER-S35CD
スコット
ロードバイク
サイクルベースあさひ
posted by モノエ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

FELT Z25 (ロードバイク) 【2007年モデル】

今日の最低気温は午後1時の-1.2℃、最高気温は午後3時の1.3℃、天候は晴れ時々雪。雪はまだ、どっさりあります。朝晩は路面が凍結。

ということで、雪片付け30+30+30分=90分。
ローラー台はお昼休みに10分と夕食後10分でした。夕方は水槽の水替えで時間がなくなってしまいました。
BGMはFMラジオでした。音が小さくてあまり聞こえませんでした。


さて、FELTのロードバイク「Z25」をピックアップしてみたいと思います。
■カーボンフレーム&シマノWH-R601ホイール採用、フェルトの高級ロードバイク。
■メインコンポ:SHIMANO DURA-ACE
■サイズ/適正身長:
 ・510mm/160-175cm
 ・540mm/165-180cm

FELT Z25 【2007年モデル】
■フレーム FELT ウルトラハイモジュラスカーボン モジュラーモノコック 3K フィニッシュ Z ジオメトリー
■フォーク:FELT 1.3 ハイモジュラスカーボン 3K フィニッシュ カーボンブレード カーボンクラウン カーボンステアチューブ
■クランクセット:FSA SLK カーボンモノコッククランク コンパクトドライブ 50T×36T
■F・Rディレイラー:SHIMANO DURA-ACE
■シフター:SHIMANO DURA-ACE 20S
■フリーホイール:SHIMANO カセット 10S 11/25T
■タイヤ:VITTORIA RUBINO PRO 700×23C
■フロントブレーキ:SHIMANO
■リアブレーキ:SHIMANO
■ハンドルバー:FELT 1.2 カーボン/アロイ6061 バテッド OS エルゴノミックタイプ
■サドル:FELT ANATOMIC LITE クロモリ パイプタイプレール
■シートピラー:FELT 1.1 カーボンモノコック

重量は7.8kgくらいペダルや備品を付けると8.5kgになると思います。タイヤやサドルをグレードアップするともっと軽くなると思います。

希望小売価格:396,900円(税込)が30%オフで→ライフ特別価格:277,800円(税込)になるとのことです。
前から狙っていた人はチャンスかもしれませんね。

では、素敵な週末を!

関連リンク
FELT Z25 (ロードバイク) 【2007年モデル】
'07 FELT / ロードバイク
特価モデル
サイクルショップ ライフ
Yahoo!ショッピング
posted by モノエ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

InterMax SESTRIERE セストリエール ULTEGRA-SL 完成車

今日の最低気温は午前7時の-2.3℃、最高気温は午後1時の4.3℃、天候は曇り時々雪。朝は路面に薄っすらと雪が積もっていました。午後には路面の雪が解けて湿潤状態になりましたが、スリックタイヤでは危険な状態です。特に日陰ですね。

ローラー台はお昼を食べた後に10分、夕方に20分。
BGMはアナログ盤の「SUBLIME the ADOLESCENCE conmpilationpack」です。すごく癒されました。アナログは深みがあって良いですね。自転車も一応アナログですが...

さて、InterMaxのSESTRIERE セストリエール ULTEGRA-SLをピックアップしてみたいと思います。

InterMax SESTRIERE セストリエール ULTEGRA-SL 完成車
■抜群の加速とヒルクライム性能を約束するカーボンモノコックの高性能レーサー
■カーボンフォーク:Integral OverSize 350g、FSA HP付き
■専用インテグラルシートピラー付属
■Weight : 1050g(フレーム単体)
■Color:ブルー、レッド
■Size:47,50,53,55cm C-T
■メインコンポ:シマノUltegra SL

バイシクルクラブ2009年1月号でもピックアップされていました。
重量はDURA-ACE 完成車のペダル無しで6.9kg。
まさにヒルクライムの為のロードバイクですね。

関連リンク
InterMax SESTRIERE セストリエール ULTEGRA-SL 完成車
InterMax
完成車各種
CYCLE HOUSE GIRO
Yahoo!ショッピング
posted by モノエ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

ルイガノ LGS-RHC(ロードバイク)

今日の最低気温は午後7時の13.9℃、最高気温は午後1時の17.1℃、天候は雨。風が強く寒いです。

朝のロードバイク乗りは雨の為、お休み。朝4時にアラームで起きましたが、あと30分、あと30分と思っていたら6時40分に...

夕方は、ローラー台で30分トレーニング。夕方になるとグッと気温が下がって扇風機なしでしたが、10分過ぎると汗だく状態に。
心拍 MAX HR 65%

さて、ルイガノのロードバイク「LGS-RHC」をピックアップしてみたいと思います。
■変速: 2x10s
■ペダル: 付属しません
■重量: 8.3kg
■カラー: ブラック、LGホワイト、シルバーグリーン
■サイズ: 430mm、465mm、500mm
■フレーム: LGスカンジウム
■フォーク: LG 3Kカーボン
■コンポ: シマノ105
■ホイール: シマノWH-RS30コンプリートホイール

■レアメタルであるスカンジウムをフレームに採用したレーシングロードバイクです。
■一般的なアルミフレームよりもさらに軽量に仕上げられること、そして軽いフレームにありがちなガチガチとした乗り心地でなく、しなやかさも持ち合わせているのがスカンジウムフレームの特徴です。
■カーボンフレームとはまた違った軽快さ、そして反応のよさを楽しめます。

戦闘機などに使われた希少金属なのですが以外にリーズナブルです。そのままでも軽いんですが、コンポを上位モデルにグレードアップするともっと軽くなりそうですね。

では、良い週末を!

関連リンク
ルイガノ LGS-RHC
ルイガノ
ロードレーサー
サイクルベースあさひ
posted by モノエ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

08 BASSO VIPER (バッソ ヴァイパー )ロードバイク

昨日の夜、堂本兄弟を見ていたら深田恭子さんは自転車に乗っているという話が出て何だか嬉しくなってしまいした。調べてみるとロードバイクに乗っているようですね。ダイエットの為ではなく、楽しいから乗っているそうです。確かに、ロードバイクは楽しいですね。環境にやさしく体も健康になりますし、良い事だらけです。

で、今日は昨日よりは、ちょっと温かい1日でした。少しだけ...
最低気温は午前5時の-4.3℃、最高気温は午後2時の2.0℃。
でも、道路のには雪が残っていました。

夕方は自転車には乗らず、ローラー台で30分トレーニング。
汗だくでかなり頑張ったと思いますが、心拍 MAX HR 77%でした。

さて、リンクが切れていた「BASSO VIPER 」を改めてピックアップいたします。

08 バッソ ヴァイパー White
BASSO VIPER  
商品コード:BAS-C-VIPER-WH
■Color:Red, White
■Tubing:4130 Cr-Mo Special Tubing For BASSO
■Size:450, 480, 510, 530, 560mm(C-T)
■Weight:9.4Kg

■FRAME:1430 Cr-Mo Special Tubing For BASSO
■FORK:MICROTECH Carbon Fork
■HEAD PARTS:MICROTECH
├HANDLE BAR:MICROTECH 400mm (C-C)
├STEM:MICROTECH 80,90,100,110,120mm 31.8
├BAR TAPE:BASSO Original
■B.B PARTS:BB7420
■BRAKE:SHIMANO BR-4500
■CHAIN WHEEL:SUGINO 350 50/34T
├CHAIN:SHIMANO CN-HG-53
■F&R/DERAILLEUR:SHIMANO FD-4500
├SHIFT LEVER:SHIMANO ST-4500
■FREE WHEEL:SHIMANO CS-HG50-9 12-25T
├WHEEL:MICROTECH WHEEL
├TIRE:MAXXIS DETONATOR 700×23C
■SADDLE:VL 1125
└SEAT POST:MICROTECH 26.6φ

標準価格:123,900円(税込) 特別価格:111,320円(税込)送料込み

Yahoo!ショッピングではワールドサイクルのみで販売していました。

関連リンク
08 バッソ ヴァイパー White
バッソ BASSO
ロードレーサー
ワールドサイクル
Yahoo!ショッピング
posted by モノエ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。