2007年05月30日

R3のワイヤー張り調整他...

GIANTのESCAPE R3を買って9ヶ月が経ちました。
シティサイクルからクロスバイクという新たなる旅たちが始まりました。

クロスバイクに乗った途端に全く新しい世界が見えてきました。


さて、R3のリアディレーラーとフロントディレーラーを調整して快適になりましたが、どうもイマイチ、ギアの調子が悪いです。
ギアが上手く入っていきません。少しガラガラと音がします。

色々自転車を調整してみると、ワイヤーの張りが弱い様です。
では、ワイヤー調整はどこをいじれば?


wair001.jpg
R3の場合はグリップシフトとワイヤーの接続のところのアジャスターを回すとワイヤー張りの調整ができました。

これで解決しました。スムーズになりすぎて気持ち悪い位です。


それから、今日発見した事がまたあります。
R3の左のグリップシフト(フロント)のことです。
1、2、3と3速表示されていますが、カチッカチッと8つ止まります。
つまり、右のグリップシフトと同じく8速になっていたんですね。

なので、左のグリップシフトのギアが上手く入らないんです。
上手く入っていないとフロントディレーラーのガイドに当たってガラガラと音がします。
きっちり数字のところに合わせないといけないんですね。


ということで、謎が解けて、また一安心しました。次はどんな謎がとけるか?


そういえば、ESCAPE Rシリーズに38Cタイヤとフロントサスペンションを装備したESCAPE-FSが仲間入りしたようですね。


関連リンク
GIANT ESCAPE R3
GIANT クロスバイク
クロスバイク
サイクルベースあさひ


posted by モノエ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | escape R3 記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。