2013年07月20日

Timex(タイメックス)- Run Trainer 2.0 (ハートレートモニター付き)

今日の最低気温は午前4時頃の17.1℃、最高気温は午後2時頃の29.1℃、天候は曇り時々晴れ。
朝は寒く、日中は暑く。

朝練ジョギングは、
ウォーミングアップ1.01km+ジョギング5.01km+WS3本0.6km+クールダウン2.53km。
4時32分〜5時34分 合計9.15km 17℃ ものすごく寒い
5kmジョギングの1kmペース平均6分03秒9。
 ウィンドスプリントは、100mを31秒〜29秒を3本。レストは100mを45秒〜49秒くらい。
ウィンドスプリントの後のクールダウンは毎回調子が良いです。
ということは、レース本番前にこれをやると良い結果が得られるかも...。


ストレッチと腹筋下部&腰上げ腹筋30回を朝と夕方。
と、スクワットを30回×3セット、踵上げ100回×4セット。

体重は朝53.4kg、朝練後52.8kg、夕方53.4kg。
朝の体重に復活!

晩酌は、いつもの梅酒を水割り1:1と 本格麦焼酎ロック。
久しぶりに水割りを飲むとお腹がいっぱい感が。
焼酎ロックよりも量が少ないウィスキーロックでもよい感じ。


さて、Timex(タイメックス)の Run Trainer 2.0 (ハートレートモニター付き) をピックアップしてみたいと思います。

Timex(タイメックス)- Run Trainer 2.0 (ハートレートモニター付き)
あらゆるレベルのランナーのために、ランナーによりデザインされた、最新 GPS ウォッチです。
■高速で信頼性のある SiRFstar IVトレードマーク(TM) GPS テクノロジー、8時間の電池寿命。
■15 ワークアウトメモリー: ワークアウトごとに最大 100ラップを記憶。
■距離やタイムによりスプリットをハンズフリーで記録。
■3つのストップウォッチ表示: それぞれ 2〜3ラインを選択。
■ユーザーが選択できる表示フィールド (GPS・ANT+ ペース・距離・経過時間・標高など)
■ケイデンスのみ、またはスピードと距離の全データにフットポッドを使用。
■6つのセグメントによりプログラム可能なインターバルタイマー
■距離やタイム、またはそれらの組み合わせによりセグメントを設定。
■3つのインターバル表示: それぞれ 2〜3ラインを選択。
■強度の異なるインターバルタイマートレーニング
■ペース、心拍数、ランニングケイデンスのゾーン。
■通知方法 (表示・音声・振動) を選択可能。
■アラートオプション (音声・振動) を設定可能な水分・栄養補給タイマー
■メニューやテキストによる通知の言語を選択可能 (英語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語・ドイツ語・オランダ語・イタリア語)。
■HR リカバリータイマーでは、期間をユーザーが選択可能。
■全てのデバイス設定用にコンピュータデバイスエージェント
■TrainingPeaksトレードマーク(TM) や MapMyFitness.com などのオンラインサイト (開発中) と連携。
■50M で評価済みの防水ケース

RC3GPS並みのコンパクト。
自転車用のケイデンスセンサーやパワーメータには対応していませんので、GPSで距離や速度の測定やマッピング用(サイコンのサブ用)と考えれば良いと思います。
ランニングのトレーニングにうれしいインターバルの設定は時間軸と距離軸のいずれか設定可能。
アラームに振動(バイブレーター)があるのも嬉しいです。


関連リンク
Timex(タイメックス)- Run Trainer 2.0 (ハートレートモニター付き)
GPS-ランニング
コンピューター、GPS、ウォッチ
アクセサリー
オンラインバイクショップWiggle


posted by モノエ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。