2007年02月15日

R3のパンク修理してみました

昨日は雨、今日はとうとう吹雪きで積雪5pで路面は凍結状態です。
残念ながら自転車に乗るのを断念しました。
雪が降ってはキレイに融けまた雪の繰り返しですね。
1500円のスキーグローブは自転車に乗らないと冷たくならないです。

さて、
サイクルショップのセレクトイット様の商品が一部分ですが
続々入荷されていますね。
adidasアディダス spring/summer2007ウエア

adidasウーマン spring/summer2007ウエア

Giroヘルメット07モデル


そして、本題ですが、
実は、ハーフクリップ、エンドバーを取付けていた時には
フロントのタイヤがパンクしていました。

空気を入れて2時間くらい過ぎるとタイヤの空気が殆ど抜けている
状態でした。
これはバルブ?かと思いました。まさかパンクとは思いもしませんでした。

で、ハーフクリップ、エンドバーをつけた次の日に
100円ショップにてパンク修理キットを買ってきました。
パンク修理セット

100円(税込105円)なり。
しかし、安いからと、ついでにゴム糊、タイヤレバー、パッチゴム
そして、サイクルコンピューターを移動した時に取付ける「タイラップ」を買い、630円(税込)になってしまいました。

実際にやってみると以外に簡単でした。
チューブを取り出すまでが、ちょっと大変でした。

使用方法はパンク修理セットに詳しく書いてありました。

修理し終わった時間は50分でした。



パンクの原因はビール瓶の破片?がタイヤに直角に刺さっていた為でした。
結構タイヤの中まで埋まったいたので見つけるまで時間がかかりました。
でも、チューブを水の中に入れるとブクブクとパンク箇所が分かるので検討はつきます。


もし、ポタリングの時にパンクしたら、こうはいきません。
予備のチューブを携帯して交換です。
そして、家でじっくりチューブの修理ということになりますね。


パンク修理のついでに父親のゴム長靴も修理しました。
ゴムパッチのオレンジのところは黒マジックでタッチアップ...


ということでパンク修理デビューでした!


posted by モノエ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | escape R3 記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。