2012年05月28日

MAVIC(マビック) Zxellium ゼリウム(ロード・シューズ)

今日の最低気温は午前4時頃の12.0℃、最高気温は午前10時頃の22.4℃、天候は晴れのち雨のち曇り。

朝練は、4時26分〜5時57分、クロモリのRNC7で35.5km往復コース。
往路47分、復路38分。
自宅から今度の日曜日のヒルクライムレースのスタートから1.35km(平均勾配7.5%)地点までを攻めてみました。
レースコースをほぼガチモードで走って最大心拍数は前回の朝練の横から攻める作戦と同じでした。
6分だけケイデンス平均71で我慢すればOKの短時間コース。
カロリー的には今日の方が消費量が多いです。
(本番自走の場合は運動強度を下げてケイデンス80くらいで10分前後で最高心拍数150)
本番の自走はまだ検討中ですが、雨が降らなければ自走したい気持ち70%です。
45分の軽いウォーミングアップ+20分ミドルをしたと思えば良いかも。

走行時間1時間26分27秒
走行距離35.5km
スピード Max42.6km/h Avg25.1km/h
ケイデンス Max118 Avg91
パワー Max--- Avg---、ペダルLRバランス --/--
710kcal
最大上り勾配 13% 下り14%
平均心拍138 最高心拍161
平均気温13℃
ウェアは夏ベースにアームウォーマーとニーウォーマー。指切りグローブ。
ウィンドベストは往路30分のみ。走り始めはちょっと寒いです。

ストレッチと腹筋下部&腰上げ腹筋30回を朝と夕方。
と、スクワットを30回×3セット、踵上げ100回×4セット。

体重は朝食後54.1kg、夕方は54.5kgでした。こんな感じで維持できたら...。


さて、 MAVIC(マビック)の Zxellium ゼリウム をピックアップしてみたいと思います。



プロレベルの性能を実現するハイエンドモデル
●新しくなったラチェットは、爪を深くすることで締め込み時の音とクリック感をより鮮明にするとともに、ホールド力を高めています
●軽量・5.5o厚・高剛性の、トップライダーと共同開発されたアウトソール「エナジーフルカーボンアウトソール」
●「エナジーフルカーボンアウトソール」は前後5mmのクリート調整が可能
●従来のエルゴストラップに穴を開けることで、軽量化、通気性の向上を実現した「エルゴストラップSL」
●個人の足の形状や好みに応じて、ストラップ長を2段階に調節可能
●つま先に、軽量素材のトゥーキャップを接着することで、保護力とサポート力をアップ
●カラー:ホワイト/ブラック/イエローマヴィック
●重さ(片足分):275g(サイズ27cm)
●サイズ:25、26、26.5、27、27.5、28

あえて白を選ぶとマークされにくい?
安心してトレーニングやレースができそうです。


関連リンク
MAVIC マビック Zxellium ゼリウム

シューズ

ウェア

└快適なサイクルライフへのいざないセレクトイット!!


posted by モノエ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。