2012年03月28日

シマノ [SHIMANO] SH-R241WE ロード・コンペティションモデル(ロード・シューズ)

今日の最低気温は午前3時頃の-1.2℃、最高気温は午前10時頃の7.4℃、天候は曇り時々雨一時雪のち晴れ。
昨夜から朝までの積雪量は0p。雪が降ったり土砂降りになったり晴れたり。

夕方のローラー台はRNC7で高速ケイデンスによるリカバリー走10分。
ギアはインナー34×19〜17。
@5分ウォーミングアップ 34×19〜17
A3分ライト 34×17 ケイデンス平均116
B2分クールダウン 34×17〜19

走行時間10分48秒、走行距離--.-km
スピード Max--.-km/h Avg--.-km/h
ケイデンス Max119rpm Avg111rpm
パワー Max---w Avg---w
ペダルL/Rバランス  --%/--%
最大上り勾配 -% 下り-%
平均心拍 130bpm 最高心拍 144bpm
77kcal 
平均気温12℃(室温) 扇風機→off!
体が温まり少し汗ばむ程度。

CS400の画面が一瞬消えかかったので電池を交換しました。(3年持ち)
CS600Xではリセットされなかったのに、CS400はデータがリセットされ大慌て。
しかし、ソフトにデータを保存するところがあったのでセーフ。
設定に関してはやり直しでしたが...。

ストレッチと腹筋下部&腰上げ腹筋は、30回を朝と夕方。
と、スクワットを30回×3セット、踵上げ100回×4セット。

体重は朝食後まさかの54.0kg、夕方のローラー後は54.0kgでした。
ご飯八分目、砂糖の入ったお菓子は食べない作戦成功!
一番の決め手はブラックコーヒー?


さて、シマノ [SHIMANO] の SH-R241WE ロード・コンペティションモデル をピックアップしてみたいと思います。
■本格レーサー対応モデル。高いフィット性でライダーのパフォーマンスを最大限に高めるカスタムフィット対応。
■アッパー:しなやかなマイクロファイバーレザー&通気性の良い3D モイスチャーコントロールメッシュ素材
■確実なホールドで微調整可能なロープロファイル・バックル&オフセットストラップ
■滑り止め機能を持つかかと部インナーのライニング材
■ラスト:ワイドタイプ、カーブドラスト
■ソール:カーボンファイバーコンポジットソール
■平均重量:541g(サイズ40)
■クリートは別売りです。(通常クリートはペダルに付属します。シューズには付属しません)
■SPD-SL・SPD・LOOKクリート対応
■カラー:ホワイト/ブラック
■サイズ:36〜45

今までのシマノのシューズとはイメージが違っていました。

爪先部分だけメッシュ構造なので寒い時は爪先だけトゥカバーを装着すれば対応できそうです。


関連リンク
シマノ [SHIMANO] SH-R241WE ロード・コンペティションモデル
シマノ [SHIMANO]
ロード系シューズ
男性用
ウェアー系
パーツ
サイクルベースあさひ


posted by モノエ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ウエア・シューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。