2012年01月10日

ポラール [POLAR] CS500CAD+(ケイデンス+心拍計+ワイヤレススピードメーターセット)

今日の最低気温は午前7時頃の-3.8℃、最高気温は正午頃の2.7℃、天候は曇り時々晴れ一時小雪。
朝は雪が3〜5cm位積もっていましたが日中には融けてしまいました。
今年はまだ「雪かき」できずです。

夕方のローラー台はRNC7で短時間テンポ走10分でした。
5分で軽いギアから一番重いギアまで持っていくのが辛かった...。
心拍数も時間なりに上がりました。

ギアはインナー34×19〜15 〜アウター50×15〜12。
@5分ウォーミングアップ 34×19〜15 〜50×15〜12
A3分テンポ 50×12 ケイデンス70でヒルクライム風
B2分クールダウン 50×13〜15 〜34×15〜19

走行時間11分01秒、走行距離--.-km
スピード Max--.-km/h Avg--.-km/h
ケイデンス Max106rpm Avg82rpm
パワー Max---w Avg---w
ペダルL/Rバランス  --%/--%
最大上り勾配 -% 下り-%
平均心拍 132bpm 最高心拍 155bpm
87kcal 
平均気温8℃(室温) 扇風機→off!
寒いのと時間が短かったので、汗ばみもしませんでした。

ストレッチと腕立伏せ&腹筋上中下部&腰上げ腹筋は、30回(普通の腹筋のみ60回)を朝と夕方。
と、スクワットを30回×3セット、踵上げ100回×4セット。
間違って明日のメニューをしてしまいました。うっかり〜。

朝食後の体重は56.5kg。ローラー台後もまさかの56.5kg!
同じ体重3日目です。


さて、ポラール [POLAR] の CS500CAD+(ケイデンス+心拍計+ワイヤレススピードメーターセット)をピックアップしてみたいと思います。
■サイクリングのパフォーマンス向上を目指す意欲的なサイクリストにおすすめです
■拡張メモリーにより、対応するPolar LOOK Kéoパワーペダルからの正確な出力データを長時間記録することができます
■ロッカースイッチと見やすいオーバーサイズのディスプレイにより、素早く安全に操作することができます
■W.I.N.D.テクノロジーを採用し、干渉を受けないスムーズなデータ送信が可能になりました
■polarpersonaltrainer.com(オンライン)でトレーニングロードのグラフを確認すれば、次回のトレーニングを行う最適なタイミングが分かります
■1m単位で高度が計測でき、ルートの斜度もリアルタイムに表示し、ヒルクライムレースで威力を発揮。
■欲しい情報はボディサイドをクリックするだけで簡単により安全に得る事ができます。
■新しく設計されたデュアルロックバイクマウントは本体の着脱が容易。
■重量:52g
■付属品:ケイデンスセンサーW.I.N.D. WearLinkR+ トランスミッターW.I.N.D. スピードセンサー W.I.N.D. デュアルロックバイクマウント 説明書
■耐水仕様

CS400やCS600Xよりも画面が大きく見やすいです。
ケオパワー(パワーメーター)にも対応しますが、ペダルの左右バランスは測定できません。
しかし、必要ないといえばないと思います。あとでチェックする程度ですが...。
パワーメーターも心肺機能を鍛えてからでも遅くはないと思います。

尚、パソコンでデータ管理する時にはRCX5とCS500用のデータリンクが必要です。


関連リンク
ポラール [POLAR] CS500CAD+(ケイデンス+心拍計+ワイヤレススピードメーターセット)
ポラール [POLAR]
心拍計本体
心拍計
パーツ&アクセサリー
パーツ
サイクルベースあさひ


posted by モノエ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。