2011年09月24日

Craft(クラフト) - Compression ソックス

今日の最低気温は午前6時頃の10.5℃、最高気温は午後1時頃の21.9℃、天候は曇り後晴れ。
先週よりも10℃気温が低く寒いです。

朝練は、寒くてローラー台にしました。
軽く30分!
ロードバイクはRNC7。
ギアはいつもの34×19〜13を使いました。

@10分ウォーミングアップ
A10分ライト〜ミドル〜ミドルとハードの中間〜もがき
B10分クールダウン

いつもよりも10分短いので心拍170以上もがけませんでした。
オシリの筋肉は痛気持ち良いですが、良好です。

走行時間31分24秒、走行距離--.-km
スピード Max--.-km/h Avg--.-km/h
ケイデンス Max142rpm Avg97rpm
パワー Max---w Avg---w
ペダルL/Rバランス  --%/--%
最大上り勾配 -% 下り-%
平均心拍 122bpm 最高心拍 168bpm
210kcal 
平均気温21℃(室温) 扇風機→オフ!汗だく。気温は低いがローラー台では暑い。


ストレッチと腕立て伏せ&腹筋上中下部&腰上げ腹筋は、30回(普通の腹筋のみ60回)を朝と夕方。
と、スクワットを30回×3セット、踵上げ100回×4セット。

朝食後&ローラー台後の体重は57.2kgでした。

午後にヒルクライム・プレ大会の受付を済ませてきました。
駐車場からの移動は距離があるのでクロスバイクを車に積んでGO!家からの自走はやめておきました。
駐車場はかなり広く車はまだ2,3台停めてあったくらいでした。
なぜ少ない?かというと、会場から遠いのと駐車場が舗装されていなくて駐車場に入るまでの道路も途中までしか舗装されていない締め固まっていない砂利道でクロスバイクやロードバイクでは押して歩かないと無理な状態です。SPD−SLシューズはクリートカバーをしてもソールがダメージを受けそう。シューズを履き替えたほうが良さそうです。
(私は自走することにしました)

クロスバイクで会場へ到着すると早すぎて係りの人がまだ来ていなかったので街を一回りして受付を済ませました。名簿の数字を見ると参加者は350人前後?の様子。200人くらいかと思いましたが予想より多いです。
参加賞は、クロックス(サンダル)の引換券(砂利の駐車場を歩くのには良いかも)。
Tシャツやタオルは販売。


さて、Craft の Compression ソックス をピックアップしてみたいと思います。
■タイトなコンプレッションはふくらはぎにフィットして筋肉の振動を減らして動きに集中させます。
■チャンネル縫合構造により暖かい空気を巡回させクールダウンします。
■Wide Lycraインサートの裾によりグリップを与え、ひざ下にフィットするようにできています。
■しっかりとフィットするようにできています。
■Fabric Composition: 94% Polyamide (Nylon), 6% Elastane (Spandex)

昨年のヒルクライムレースで「ふくらはぎ」が攣ったので、今年は!ということで購入しました。
今年は、このソックスを履いたせいか攣りそうになりましたが大丈夫でした。
レース後も疲れは少なかったですね。

これからの季節ですと、ビブニッカーやニーウォーマーと組み合わせると朝の寒さ対策になります。
生地はスキンなどのコンプレッション系ソックスと比べると厚い感じがしますが軽いです。

ロングライドでも疲れが軽減されると思います。



関連リンク
Craft - Compression ソックス
コンプレッションベースレイヤー
ベースレイヤー&保温ウェア
ウエア
オンラインバイクショップWiggle


posted by モノエ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ウエア・シューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。