2011年08月05日

デルタ [DELTA] BH1000 Bike-Hitch-Original(フォークマウント)

今日の最低気温は午前5時頃の20.8℃、最高気温は午後3時頃の33.7℃、天候は曇り時々晴れ。
夏本来の暑さが戻ってきました。

朝練はクロモリのRNC7を使いました。(4時44分〜5時57分)
コースは、前半緩い上り・後半アップダウンがある周回30km+2km弱遠回りコースです。

ウォーミングアップの3分は軽いギアでケイデンス90以下で様子見しましたが、今日は調子が良いです。5日で復活しました!
その後は、調子に乗って走りました。
昇りMaxでは170まではいきませんでしたが、追い込めました。
これで日曜日のヒルクライム試走にも安心して行けます。

走行時間1時間11分04秒
走行距離31.7km
スピード Max49.3km/h Avg27.5km/h
ケイデンス Max117rpm Avg96rpm
パワー Max--- Avg---
ペダルLRバランス --/--
692kcal
最大上り勾配 8% 下り9%
心拍Max169bpm Ave146bpm
平均気温21℃

ウェアは、夏モードでした。
そろそろコンプレッションタイツを卒業したいのですが、夏の朝って以外に寒いです。
突然の筋肉痛があるので、しばらくは朝練にはコンプレッションタイツが手放せないです。

ストレッチと腕立伏せ&腹筋上中下部&腰上げ腹筋は、30回(普通の腹筋のみ60回)を朝と夕方。
と、スクワットを30回×3セット、踵上げ100回×4セット。

朝練後の体重は57.1kgでした。57kg台をキープ!



さて、デルタ [DELTA] の BH1000 Bike-Hitch-Original(フォークマウント)をピックアップしてみたいと思います。
■車載時に便利なフォークマウント
■いろいろなベースにボルト止めできるので自由度が高く、アイデア次第で室内保管用にも使用できます。
■軽量かつ頑丈な6061-T6アルミ製ボディ
■高硬度の9mmスキュアー付属
■エンド幅:100mm
■販売単位:1個

車の中に入れて運ぶ人は鍵を付けられるロックタイプのものでなくても良いと思います。
しかも、その分安くなりますし。

安くなった分、フォークマウントを取り付ける角材や板を買えます。
ホームセンターですと200〜500円で買えます。
木材の面が取られていて表面がカンナで削られて手にも優しいです。
家にあるものを使えばより節約にもなります。

私はたまたま家に有った古材を使いました。
厚さ2cmの幅15p×長さ1mと車のリアラゲッジスペースにはピッタリな大きさでした。
フォークマウントの取付け穴が6oと大きめだったのでビスの間にワッシャーをかましました。
ビスは木材が柔らかった為かドライバーだけでOKでした。
滑り防止は幅が広い輪ゴムで対処しました。(普通の輪ゴムでは横滑りします)
安定感はバッチリです。

マイ・フォレスターのラゲッジスペースの高さは1BOX程高くないので、後タイヤを外すかサドルを外すかになりますが、後のイスを倒してもフラットにはならず傾斜しているのでサドルを外すした方がロードバイクは安定すると思いました。出し入れもスムーズですし。

実際に設置して車を走らせてみるとカーブでは多少動きますが、倒れたりはしませんでした。
動かないようにするには木材の台を固定する方法と、フレームをタオルで保護しロープで固定する方法があります。
木材の両脇の隙間にダンボールか木材を切って入れれば動かないと思います。


では、良い週末を!


関連リンク
デルタ [DELTA] BH1000 Bike-Hitch-Original(フォークマウント)
デルタ [DELTA]
カーキャリア
パーツ&アクセサリー
パーツ
サイクルベースあさひ


posted by モノエ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カー用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。