2011年05月19日

シマノ [SHIMANO] [TIAGRA] ST-4600(デュアルコントロールレバー)

今日の最低気温は午前4時頃の9.0℃、最高気温は午後3時頃の27.8℃、天候は晴れ。
朝寒く、日中は暑かったです。

今日の自転車乗りは、仕事の移動でシティサイクル20分くらい。

その前に朝練(4時45分〜5時55分、ターマック)です。
朝練のコースはアップダウンがある30km周回コースです。
今日のテーマは軽いギアでケイデンス110、速度は30km/h前後。
ローラー台並みにクルクルペダリング。
以外に心拍は上がりませんでした。

走行時間1時間6分55秒
走行距離30.6km
スピード Max47.8km/h Avg27.6km/h
ケイデンス Max124 Avg95
パワー Max391 Avg140
ペダルLRバランス 49/51
685kcal
最大上り勾配 10% 下り9%
平均心拍 148 最高心拍 163
平均気温9℃

ウェアは、裏起毛長袖インナー+パールの半袖ジャージ+ウインドベスト(ウォーミングアップから10分)、コンプレッションタイツ+パールのプレミアムタンクトップパンツ、スペシャライズドの指付きメッシュグローブ、シューズカバーはなし。
10℃以下はちょっと寒かったです...。やっぱり一番寒いのは末端系の指です。何故か爪先は寒くないです。


ストレッチと腕立伏せ&腹筋上中下部&腰上げ腹筋は、30回(普通の腹筋は60回)を朝と夕方。
と、スクワットを30回×3セット、踵上げ100回×4セット。
体重が57.75kgに停滞しました。腹筋は割れていますが、細マッチョというよりもガリガリ状態になりつつあります。しかし、ハムストリングスが太いです。


さて、シマノ [SHIMANO] の [TIAGRA] ST-4600 をピックアップしてみたいと思います。
■TIAGRAグレードのデュアルコントロールレバー
■スムーズな操作感で素早いシフティングパフォーマンス
■ケーブルアジャスター一体設計
■オプティカルギアディスプレイ一体設計
■軽い操作感と正確なブレーキコントロール
■操作しやすくスムーズな変速操作
■アウタールーティングシフトケーブル
■小さい手でも操作可能なシム(7.5mm、14mm)を使用したリーチアジャスト機能
■フロント:ダブル、リア:10段
■ブレーキケーブルセット・シフトケーブルセット付属
■左右セット
■カラー:シルバー[IST4600PACC]

ティアグラの最新モデルはリアが10速になりました。
ギアの位置が分かるオプティカルギアディスプレイも受け継がれています。
ケーブルアジャスターがブラケットの内側にあるので走りながらでも容易に調整可能です。

通勤通学やツーリング用にロードバイクを組む時にも良さそうですね。



関連リンク
シマノ [SHIMANO] [TIAGRA] ST-4600
シマノ [SHIMANO]
デュアルコントロールレバー
ロードバイク系パーツ
パーツ
サイクルベースあさひ


posted by モノエ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ・ホイール・サドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。