2011年01月24日

ミノウラ [MINOURA] MAGTEQS-TWIN(マグテックスツイン)高負荷対応固定式ローラー台

今日の最低気温は午前5時頃の-9.5℃、最高気温は午後5時頃の-1.3℃、天候は曇り時々雪。
昨夜からの積雪量はほぼゼロでした。日中もあまり雪は積もりませんでした。

ローラー台は、月曜日ということでお休みしました。
体を休める事もトレーニングのひとつです。


ストレッチと腕立伏せ&腹筋上中下部&腰上げ腹筋は、30回を朝と夕方。
と、スクワットを30回×3セット、踵上げ100回×4セット。
今日は「雪かき」ダイエットもなく筋肉を休ませる事ができました。しかし、ローラー台に乗らないと体が寒いです。
そんな時には、生姜(しょうが)で体を温めましょう。って体に塗らないで飲んだり食べたりします。



さて、ミノウラ [MINOURA] の MAGTEQS-TWIN(マグテックスツイン)をピックアップしてみたいと思います。
■業界初! ツイン磁石で圧倒的な負荷範囲を再現
■普段のトレーニングにおいては、上級者レベルにおいてもV270の460ワット(40km/h時)クラスで十分なパワーを得られていますが、「スプリント練習やヒルクライム練習のため、もっと強い負荷がほしい」という声に応えるべく開発されたのが「MAGTEQS TWIN(マグテックス・ツイン)」です。
■TWINは、対V270比で40%アップもの640ワットという驚くべきハイパワーを発揮します。
■最高負荷を上げるだけなら磁石を強くするだけで簡単に行なえますが、そうすると今度は低負荷が再現できなくなり、日常のトレーニング(特に一般ライダー)においては非日常的なパワーに直面しなければならなくなり、強すぎる負荷はトレーニングの楽しみを奪い、また膝などの故障を誘発することになりかねません。
■TWINでは、高負荷域と低負荷域の両方とも広げた理想的なパワー配分としています。
■TWINにはその名の通り2つの磁石が使われており、負荷レンジ1〜7では1つめの磁石(プライマリーマグネット)だけが、さらに負荷レンジ8〜13では2つ目の磁石(セカンダリーマグネット)も加わって負荷を増加させていきます。
■負荷調整:13段階(リモコン式)
■フライホイール重量:実重2.0kg/仮想2.7kg
■適合ホイールサイズ:22x1-3/8〜700x40c
■適合リアハブ軸幅:120〜145mm
■サイズ:680×530×400mm
■最大荷重:120kg(自転車含む)
■本体重量:8.9kg
■カラー:ホワイト/レッド

コンパクトクランクでパワートレーニングする時に、強度L3のケイデンス70〜75のテンポインターバルやケイデンス50〜55のマッスルインターバルをする時に重いギアが足りなくなってしまった時に負荷を高くしてパワートレーニングできます。

マグネット式なのに静かなのもポイントです。

ギアをガチャガチャさせずに負荷をかけられるので静かにトレーニングできそうです。



関連リンク
ミノウラ [MINOURA] MAGTEQS-TWIN(マグテックスツイン)
ミノウラ [MINOURA]
ローラー台
パーツ&アクセサリー
パーツ
サイクルベースあさひ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。