2010年12月15日

シマノ [SHIMANO] SC-7900 フライトデッキ(メーター本体・心拍計・スピードセンサー)

今日の最低気温は午後7時0.0℃、最高気温は午前1時の6.1℃、天候は雨のち雪。
今シーズン初の本格的な雪が降りました。とはいえ全然雪が積もっていません。
寒さは右肩下がりで時間経過ととも気温が下がっています。明日の朝は−6℃になるようです。路面凍結に注意です。


ローラー台は夕方に、RNC7(コンパクト)でインターバル40分。
@10分ウォーミングアップ・34×17・ケイデンス83〜118 
A20分インターバル5回(2分・34×15・ケイデンス120〜156 + 2分・34×17・ケイデンス120前後)
B10分クールダウン・34×17・ケイデンス120→103(徐々にダウン)


走行時間40分55秒、走行距離--km
スピード Max--km/h Avg--km/h
ケイデンス Max157 Avg117
最大上り勾配 -% 下り-%
平均心拍 79% 最高心拍 97% (ちょっとセンサー不調)
平均気温11℃(室温) 扇風機なし→はじめは寒く徐々にサウナ状態に。

POLAR CS400の心拍センサーの調子は90点です。
また、ウォーミングアップ中は時々不調でしたが、他は満点です。心拍計もローラー台に慣れてきたのでしょうか?それとも学習能力があるのでしょうか?パフ

重いギアよりも軽いギアでケイデンスを高くしたほうが心拍は高くなります。しかも筋肉の故障も少ないです。


ストレッチと腕立て伏せ&腹筋上中下部&腰上げ腹筋は、30回を朝と夕方。
と、スクワットを30回×3セット、踵上げ100回×4セット。
寒い時は体が温まって効果的です。



さて、シマノ [SHIMANO] の SC-7900 フライトデッキ(メーター本体・心拍計・スピードセンサー) をピックアップしてみたいと思います。
■シマノのロードSTIレバー専用のサイクルコンピューター
■フロント:シングル/ダブル/トリプル対応
■リア:10段対応
■対応レバー:ST-7900/7970/7971/6700/6703
■対応ホイール周長:1300〜2400mm
※ご注意ください
メーター本体とハートレートセンサー、スピードセンサーのセットです。ご使用には別途、取付ブラケット(ノーマルタイプまたは電動DURA-ACE用)が必要です。また、パソコンとの連携にはPC接続キットが必要です。

以前のフライトッデキ同様にギアのポジション表示とケイデンス、スピード、距離、ストップウォッチはもちろん、斜度や高度、心拍、パソコンとのデータ通信およびデータ管理(PC接続キットが必要)、速度を感知しての自動ストップウォッチなどの機能も追加されています。

STIに取り付けるキット(別途)はワイヤレスになり取り付けも簡単です。バーテープを剥がす必要がなくブラケットのゴムキャップを捲ってドライバーで取り付けるだけです。
スイッチは以前のような間違って押してしまう横のスイッチではなく「上から押すタイプ」になりました。

固定ローラー台は前輪が回らないのでスピードとケイデンスは計測できませんが、
前輪が回る3本ローラー台ですとスピードもケイデンスも問題なく表示されます。



関連リンク
シマノ [SHIMANO] SC-7900 フライトデッキ(メーター本体・心拍計・スピードセンサー)
シマノ [SHIMANO]
本体セット
スピードメーター
パーツ&アクセサリー
パーツ
サイクルベースあさひ


posted by モノエ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。