2010年10月29日

サーファス REBEL(リベル)「SL-70」 1ワットLEDライト

今日の最低気温は午前7時頃の6.1℃、最高気温は午後1時頃の15.7℃、天候は明け方前まで雨 曇り時々晴れ。

朝練は、寒さと雨の為お休みしました。
寒さは昨日ほどではないのですが体が言うことをききませんでした。


で、夕方に、RNC7(コンパクト)で、ローラー台40分インターバル。
@ウォーミングアップ「34×16」 ケイデンス95〜105 15分 
Aインターバル10回 10分
(20秒もがき「34×14」ケイデンス135目標 + 40秒「34×16」ケイデンス105目標 を10回)
Bクールダウン「34×16」 ケイデンス105→95(徐々にダウン) 15分


走行時間40分34秒、走行距離00km
スピード Max00km/h Avg00km/h
ケイデンス Max139 Avg105
最大上り勾配 0% 下り0%
平均心拍 73% 最高心拍 95%
平均気温18℃(室温) 扇風機強風でも汗だく

昨日とほぼケイデンスが同じですが、心拍数が高いです。
今気がつきましたが、もがきの後の40秒は1分40秒必要なことを...。
でもギアが軽いので良しとしましょう。


ストレッチと腹筋下部&腰上げ腹筋は、30回を朝と夕方。
と、スクワットを30回×3セット、踵上げ100回×4セット。
昨日の左太腿脇の痛みは無いです。良好です。


明日も夕方のローラー台の予定です。



さて、サーファス の REBEL(リベル)「SL-70」 1ワットLEDライト をピックアップしてみたいと思います。
■ 暗闇で15m先を明るく照らす上に、3m先の足元もしっかり照らして障害物を認識できる、乾電池式ライトの常識を覆す明るさと理想の配光。もう何個もライトをハンドルに付ける必要はありません。
■ 1ワットのアメリカPhilips Lumileds社製超高輝度LuxeonR LEDを搭載してクラス最高の明るさを実現。
LuxeonRは従来の白色LEDの数倍〜数十倍の明るさを誇る高出力LEDランプです。
■ より視認性の高い波長を出すようデザインされたLuxeonRは暗闇の中でもしっかりと路面を照射します。
■ 確実に前方を照らす集光レンズ
■ Hi/Lo切り替え、点滅の3モード
■ 雨の日でも安心の防水仕様
■ バッテリー残量低下インジゲーター
■ 単4電池4本(モニター電池付属)で30時間点灯
■ 取付可能ハンドル径:22.2〜31.8mm
■ カラー:ブラック/シルバー
 
購入して1ヶ月以上経ちます。

電池を交換した後は、かなり明るいです。電池は充電タイプではなくアルカリ乾電池を使用しています。明るさは1.2Vの充電池よりも1.5Vのアルカリ乾電池の方が明るいとのことです。

電池の持ちは、朝練で30分使用で6〜7日目、朝練で1時間使用で4〜5日目にバッテリー残量低下インジゲーターの赤ランプが点灯します。走っている途中で赤ランプが点いたらLOに切り替えて、また赤ランプが点いたら点滅に切り替えて電池の消耗をしのぎます。
最近は暗くても家に着く10分前には点滅に切り替えます。

アルカリ乾電池は安くて(単4×12本で390円)使ったのですが、これからはもっと日が短くなる事を考えると少し暗くても充電式の電池を使った方が良いと思いました。

明るさを求めるのであれば、アルカリ電池使用で平日の朝練なしで週末のロングライドに絞るという手もあります。



では、良い週末を!


関連リンク
サーファス REBEL(リベル)「SL-70」 1ワットLEDライト
サーファス
ライト
パーツ&アクセサリー
サイクルベースあさひ


posted by モノエ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。