2010年07月11日

Tarmacでヒルクラ大作戦2010夏〜秋 その6

今日の最低気温は午前4時頃の19.0℃、最高気温は午後4時の24.1℃、天候は曇り時々小雨。

早朝から町内の行事があったので7時33分から10時52分まで、自走で春に行われたヒルクライムコースの試走をしました。行き帰りの各1時間弱はウォーミングアップとクールダウンも兼ねています。

気温は平均22℃、ヒルクライムの頂上で19℃とトレーニングには適していました。ヒルクライム日和です。
ベストを携帯していましたが、ジャージのバックポケットから一度も出しませんでした。


ウェアは、ノースリーブインナー+半袖ジャージ+夏用薄手のアームカバー、コンプレッションタイツ(インナーとして)+ビブタイツ、バンダナキャップ、フルフィンガーUVグローブといういでたち。前回と全く同じです。


今日のテーマは、ヒルクライムを含めて午前中までに3時間走るです。

今回のコースは秋に行われるヒルクライムレースのコースよりも勾配はゆるくコンパクトで走っているような感じがしました。次回に秋のヒルクライムレースのコースを走るとかなりキツク感じるのでは?と思いました。これもトレーニングのひとつかもしれませんね。

今回もやはりギアは前52×39 後ろ12-25でしたが、全体的にゆるい勾配とはいえ30分以上上り続けていると12-27スプロケットがあればもう少し速くなるような気がしました。(甘え)

で、タイムは46分30でして、先月走った時よりも30秒ほど遅いです。
勾配の緩さに甘んじてしまったようです。ケイデンスを上げるかギアを重くしてトルクをかける必要があったと思います。


走行時間3時間34秒、走行距離72.5km
スピード Max41.8km/h Avg24.4km/h
ケイデンス Max102 Avg77
最大上り勾配 最高14% 下り12%
心拍 MaxHR167 AvgHR142
平均気温24℃


メモ
■実は走り始め10分間、ハムストリングスの筋肉痛だったが、そのあとは治ってきた。
■夏は塩飴。
■春のヒルクライムレース会場は選挙会場へ。
■ヒルクライムコースで一人のヒルクライマーと遭遇。なんだかホッとする。
■自動販売機で500mlのスポーツドリンクが110円だった。カロリーオフは嬉しいが、この時だけはカロリーオフでなくても良かった。しかし価格的にありがたい。
■今日の龍馬伝は夜7時10分から。

ローラー台は、なしですが
川掃除&除草でママチャリを20分ほど。


ストレッチと腹筋下部&腰上げ腹筋30回は、朝と帰宅後。
スクワット30回×1セット、踵上げ100回×1セット。


来週(日曜日)は秋のヒルクライムレースの試走&プチロング4時間の予定です。


posted by モノエ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | SPECIALIZED TarmacProSL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。