2009年04月12日

RNC7でヒルクライム練習その6

今日の最低気温は午前5時の5.5℃、最高の気温は午後3時の22.9℃、天候は曇り時々晴れ。

朝8時からLSD&ヒルクラ・トレーニングということで2時間前の朝6時に朝食。出発前は甜茶を飲んだりストレッチをしたりマッタリ。

■午前8時 出発 (スタート)
※気温は8℃、風も強くなく路面も乾いて絶好のコンディション。
※ウィンドブレーカーは10分後に脱く。半袖+アームウォーマーに。
※マヴィックのシューズを履いたらクリートが気持ちよく入った。
しかも、ペダリングは軽やか。大絶賛!

■午前8時53分 ヒルクライム大会のスタート地点に到着
※6分間休憩と準備(2枚着ていた半袖インナーを脱いで、アミノバイタル2200を1本飲む)
※実はレッグウォーマーを脱ぐのを忘れていた。

■午前9時 スタート(平坦路)
※31km/hから緩い上り坂で28km/hにダウンする。下りで巻き返し。
※信号待ちロスタイムなし。

■午前9時5分? 上りコース通過
※序盤から中間までアウターで乗り切る
※トルクをかけないでクルクルペダリングでシッティング。
※気温は11℃
※やはりゴール近くで少し腰が痛くる。
※ヒルクライマーがいない。

■午前9時53分 頂上ゴール
※前回よりも3分以上速くなった。(53分35秒)
※上にウインドブレーカーを着た。
※頂上の駐車場は観光客が多かった。

■午前10時 下山
※シューズカバーをするのを忘れたが足は冷たくなかった。
※下の方でヒルクライマー3人と遭遇。「こんにちは!」

■午前10時26分 上り地点通過
※ヒルクライマーらしき女子二人に遭遇、後の方にもヒルクライマー?「こんにちは!」
※ウインドブレーカーは途中で脱ぎました。
※向かい風で先に進まないところが。20km/hが限界。逆に追い風も。
※平坦路で10人くらい?のヒルクライマーに遭遇「こんにちは!」攻撃。

■午前10時33分 スタート地点到着
※誰かいるのかと思ったが、誰もいなかった。
※ここでウィンドブレーカーを脱ぐ。
※アミノバイタル2200を飲む。

■午前10時37分 帰宅へ
※無心でペダリング。何も考えていませんでした。

■午前11時28分 到着
※予定よりも早く着いてしまった。


走行距離は71.62km、走行時間は3時間5分56秒。


水分補給:グリコ CCDドリンク 500ml用
アミノ酸補給:アミノバイタル2200(2本)

■午前の部の総評
セレクトイットさんで購入したマヴィックのトーマレット(シューズ)は高かったですが買って良かったと思いました。
シマノのR075では入り難かったクリートが違和感なく入りました。(ペダルはエントリーモデルのPD-R540)
軽量なのでキツイ峠もペダリングが軽かったです。ロードバイクの軽量化よりも効果があるのかもしれません。
何と何と、「サイクルベースあさひ」さんからお昼に品物が届きました。
WH-7850-C24-CLとPD-7810他...。

午後2時まで間に合うように急いで、ペダルの交換、スプロケットの移植、チューブ&タイヤ装着。

■午後の部は、午後2時7分〜3時20分まで
※前回と同じプチ峠を3つ走ってみました。バテ気味。
※距離が短いのでホイールのインプレは書けません。次回の午前の部で書いてみたいと思います。
しかし、WH-7850-C24-CLは軽すぎっ。早くヒルクライムのコースを走ってみたいです。


走行距離23.81km、走行時間1時間3分40秒 
前回よりも5分の短縮に。WH-7850-C24-CL効果?

午後の部の総評
ヒルクライムをした後の峠3つは効きましたね。


花粉症の症状についてはロードバイクに乗っている時は無かったです。家に戻ると鼻水&くしゃみ地獄でした。これが理想的なのかも。


posted by モノエ at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ANCHOR RNC7 Equipe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。