2009年03月19日

2009 Centurion センチュリオン GIGADRIVE 4000 ギガドライブ 4000 (ロードバイク)

最低気温は午前6時の2.4℃、最高気温は午後3時頃の22.8℃、天候は晴れ。今日も暑かったです。

ローラー台は、お昼休みに10分、夕方にインターバルトレーニング20分。
そして、15分ウォーキング。花粉症メガネとマスク装着。
家に帰ると鼻水地獄...。


さて、2009 Centurion(センチュリオン) GIGADRIVE 4000 ギガドライブ 4000をピックアップしてみたいと思います。

■サイズ: XS(50cm)、S(53cm)、M(56cm)
■カラー: プレーン ホワイト/カーボン
■フレーム: ROAD RACE CARBON、ゼロスタック ヘッド、フレックス ステー、リプレイサブル リアメカハンガー
■フォーク: ADK ハイモジュラス カーボン モノコック アルミコラム
■フロント&リアハブ、スポーク、リム: MAVIC AKSIUM WHEELSET
■タイヤ MAXXIS XENITH HORS CATEGORIE ARAMID BEAD
■ボトム ブラケット: SHIMANO
■クランク: SHIMANO FC-R600 50/34T
■チェーン: SHIMANO Ultegra CN6600
■ヘッドセット: FSA BB-410-SL 、ゼロスタック
■ハンドルバー: Procraft Race OS
■ステム: Procraft AL OS Pro -6°、31.8mmクランプ
■ブレーキ: SHIMANO Ultegra BR6600
■ブレーキ レバー: SHIMANO Ultegra STI
■フロント ディレーラー: SHIMANO Ultegra FD-6600-F
■リア ディレーラー: SHIMANO Ultegra RD-6600 use SS type
■シフター: SHIMANO Ultegra ST-6600
■リア スプロケット: SHIMANO Ultegra CS6600 12-27T、10SPEED
■サドル: Centurion Race A
■シートポスト: POST MODERNE Smica Pro Post Offset 31.6mm

コンポはアルテグラで、クランクがコンパクトなので峠も楽です。
重量は8.2kgです、ANCHORのRFX8Eliteよりも200g重いだけです。とはいえ、RFX8EliteはコンポがアルテグラSLなので100g軽く、フォークがフルカーボンモノコックプロオーバーサイズなので、同じ装備ですと重量は同じかと思います。200gの差ははホイールでカバーできるかと思います。

ちなみに、GIGADRIVE 4000は、今月号(4月号)のバイシクルクラブの表紙にドロンジョーヌさんと一緒に写っています。


GIGADRIVE 4000やCenturionのバイクの詳しくはCenturion センチュリオンのサイトを覗いてみて下さい。


関連リンク
2009 Centurion センチュリオン GIGADRIVE 4000 ギガドライブ 4000 (ロードバイク)
Centurion(センチュリオン)
ロードレーサー ロードバイク
アトミックサイクル
Yahoo!ショッピング


posted by モノエ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。