2009年01月05日

ミノウラ Dualist-ローラー台用タイヤ 700×23c

今日の最低気温は午前7時の1.0℃、最高気温は午後2時の5.2℃、天候は曇り時々晴れ。

ということで、まず、お昼前にローラー台で10分ウォーミングアップ。

そして、12時40分頃から今年初のロードバイク乗り。
道路には雪は無く歩道には若干雪があるくらいでした。路肩付近には水溜りがありましたが、あまり気にしませんでした。

気温は5℃前後。ウェアはビブタイツの上に七分丈のコンプレッション・タイツ、インナーは長袖の上に半袖を重ね着、ジャケットと悩みましたが水溜りで背中が汚れるので裏起毛ジャージ+ウィンドブレーカーにしました。グローブはパールイズミの中綿入り。その他は前回と同じです。

しかし、1月5日にスリックタイヤを履いたロードバイクで乗れるなんて奇跡ですね。これは輪行して雪の無いところへ行かなきゃ。と思っていたんですが...

夢だったら覚めないでほしいです。
走行距離は47.40km、走行時間は2時間2分20秒

さて、ミノウラのDualist-ローラー台用タイヤ 700×23cをピックアップしてみたいと思います。
■ 室内トレーニングと路上走行の両方をこなせる世界初のデュアルパーパスタイヤです。トレーニングのためにわざわざタイヤやホイールを交換する必要がありません。
■ 27TPIのケーシング構造により、Dualistは装着するだけで騒音を低減します。もともと静かだと好評のVFSシリーズGYROシリーズに使用すると、さらにその静かさが際立ちます。
■ トレッドの厚さは1.8mmと、通常の2倍の厚みとしています。またコンパウンドも耐摩耗性とグリップ性能の両立を追求した設計により約6,000kmもの長寿命を誇ります。
■ サイドウォールいっぱいにまでゴムを回したフルカバード・トレッドデザインにより、使用中のタイヤの発熱を抑え、結果としてタイヤの寿命を伸ばします。
■ 路上走行においては普通のトレーニング用タイヤとして使用できます。レースには使用できません。
■ 品質の高さには定評のあるパナレーサーミノウラとのコラボレーション作品です。もちろん日本製です。
■ ケーシング:27TPI
■ サイズ:700×23c
■ カラー:ブラック
■ 重量:320g

ローラー台でウォーミングアップしてすぐに外でロードバイクなどに乗れますね。

関連リンク
ミノウラ Dualist-ローラー台用タイヤ 700×23c
ミノウラ
WOタイヤ
ロードバイク
パーツ&アクセサリー
サイクルベースあさひ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。